FC2ブログ

ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

レ・ヴィニョーのピノ・ノワール(VdF デュ・ブ・デ・ドワ )

レ・ヴィニョーのピノ・ノワール
【コメント】
ラズベリー、ブルーベリー、そしてプラムも少し香る。微かにミントもある。細かく繊細で豊富なタンニンがとても好ましい。刺すような感じがありつつもそれほど刺激的ではない良質さを感じる酸。畑で野菜の香りを感じることを彷彿させる香り。重量を感じさせない不思議な体躯が魅力的なワイン。

【相性】
鶏肉料理との相性が良いだろう。タンニンもあるので豚肉でも大丈夫だが、ワインの品の良さを味わうのなら鶏肉が望ましい。この日は豚挽き肉のソフリットソースのフジッリに合わせた。
品種:ピノ・ノワール、価格1900円

ワイン名:2016 VdF デュ・ブ・デ・ドワ (VdF Du bout des doigts [Pinot Noir])
原産地呼称:Vin d'France
生産者名:レ・ヴィニョー(Les Vigneaux)
輸入業者:有限会社ヴォルテックス
スポンサーサイト
  1. 2018/08/13(月) 09:50:18|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラテッリ デガーニのヴァルポリチェッラ クラシコ スペリオーレ リパッソ

フラテッリ デガーニのヴァルポリチェッラ クラシコ スペリオーレ リパッソ
【コメント】
少し刺激的なスパイスの香り。ヴァルポリチェラにしては濃厚である。赤系のベリーの香りがありつつも口に含むと青や黒のベリーの印象である。タバコのニュアンスを感じさせる複雑さはあるがちょっと背伸びしている風情である。それにしても、この価格であれば驚きである。フルーティーでありながら甘い印象は魅力的ではある。

【相性】
牛肉か鴨に合わせたい。ボロネーゼなど良いだろう。鶏肉、豚肉も濃厚なトマトソースなら合うだろう。この日は豚肉とブロッコリートマトソースのスパゲティに合わせた。
品種はコルヴィーナ50%、ロンディネッラ40%、他10%
価格は2100円

ワイン名:2015 ヴァルポリチェッラ(Valpolicella)
生産州:ヴェネト州
生産者名:フラテッリ デガーニ(Fratelli Degani)
輸入業者:株式会社トスカニー
  1. 2018/07/31(火) 19:29:29|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストッコのピノ グリージョ

ストッコのピノ グリージョ
【コメント】
オレガノの様なドライハーブの香り。刺激は強く無いがオレンジピールのニュアンスも少しある。ホワイトグレープフルーツの白皮の香りと苦み。果汁の締まった酸が心地良く、とても魅力的である。それなりに厚みがありバランスの取れた体躯もとても好感が持てる。安価なのにとても魅力的なワイン。

【相性】
刺激は強くないが十分な酸があるので広範囲に合わせることが出来るだろう。ドレッシングを使った野菜のサラダやエスカベッシュ。魚料理から鶏肉、豚肉料理まで問題無いだろう。相性的には魚より肉が良いだろう。この日は鶏モモ肉のソテーに合わせた。品種:ピノ グリージョ、価格1600円

ワイン名:2016 ピノ グリージョ(Pinot Grigio)
生産州:フリウリ ヴェネツィア ジュリア
生産者名:ストッコ(Stocco)
輸入業者:株式会社トスカーニ
  1. 2018/07/26(木) 19:27:43|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィーニャ デル ラウロのリボッラ ジャッラ コッリオ

ヴィーニャ デル ラウロのリボッラ ジャッラ
【コメント】
マンダリンに似た柑橘系の香り。オレガノの様なハーブの香り。ミネラリーさが際立つ。明るい柑橘系の華やかさを少し感じつつ穏やかさを底辺に漂う果実のニュアンスが心地良い。穏やかさな酸を感じるヴィネガーは酸はとても好ましいものでフレッシュ感を印象付ける。甘味も感じるが、その裏に仄かな苦みがあり、それこそが魅力的なバランスなのであろう。見事なワイン。

【相性】
前菜の野菜、魚料理、鶏肉、豚肉料理など広範囲に合わせることが出来るだろう。料理が軽すぎないようにソースを考える必要あり。今日はキャベツとブロッコリーのスパゲティ、地鶏モモ肉のソテーに合わせた。
品種はリボッラ ジャッラ 価格は1800円

ワイン名:2017 リボッラ ジャッラ コッリオ(Ribolla Gialla Collio)
生産州:フリウリ ヴェネツィア ジュリア州
生産者名:ヴィーニャ デル ラウロ(Vigna Del Lauro)
輸入業者:株式会社トスカニー
  1. 2018/07/18(水) 18:20:42|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーザ ディ モンテのキャンティ

カーザ ディ モンテのキャンティ
【コメント】
一口飲むと軽い赤ワインの印象である。白ワインも入っているせいか口当たりが良く、バランスが良いのを感じる。スミレの香りが心地良い。酸はほどほどで刺激も強くないが質も中々良く量的にも十分である。タンニンは裏に回ってあまり感じられないが確り支えている。難しく考えずに飲めるワインである。

【相性】
トマトを使った料理、例えばポモドーロソースのパスタ、後は鶏肉や豚肉料理にも合わせることが出来るだろう。。
品種はサンジョヴェーゼ80%、カナイオーロ10%、マルヴァジア5%、トレッビアーノ5% 価格は1400円

ワイン名:2015 キャンティ カーザ ディ モンテ(Chianti Casa Di Monte)
生産州:トスカーナ州
生産者名:カーザ ディ モンテ(Casa Di Monte)
輸入業者:株式会社トスカニー
  1. 2018/07/11(水) 18:20:37|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィーニャ デル ラウロのフリウラーノ コッリオ

ヴィーニャ デル ラウロのフリウラーノ
【コメント】
オレガノの様なハービシャスな香り、そしてミネラリーである。明るさや華やかさと言うより冷涼な場所で獲れた果実のニュアンスが心地良い。ヴィネガーを感じる香りの酸も少し刺激があるもののとても好ましいものでフレッシュ感を印象付ける。それなりのボディなのに軽やかさを感じる見事なワイン。

【相性】
前菜の野菜、魚料理、鶏肉、豚肉料理など広範囲に合わせることが出来るだろう。確りした切れの良い酸があるので天ぷらやフリッターも良いだろう。少し脂ののった魚のカルパッチョもとても良いだろう。
品種はフリウラーノ 価格は1900円


ワイン名:2017 フリウラーノ コッリオ(Friulano Collio)
生産州:フリウリ ヴェネツィア ジュリア州
生産者名:ヴィーニャ デル ラウロ(Vigna Del Lauro)
輸入業者:株式会社トスカニー
  1. 2018/07/08(日) 18:19:21|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニコラ マンフェッラーリのミッレウーヴェ・ビアンコ

ニコラ マンフェッラーリのミッレウーヴェ・ビアンコ
【コメント】
白桃、少しカリン。愛らしい酸がある。中肉中背の厚みはと言うよりややスレンダー。しかしながらバランスの良いボディ。強く無く、鋭いでもないが穏やかでもない見事なバランスの酸。つまりは酸を感じさせない程。ミネラリーなれど強くはない。見事なワイン。年によりブレンド比率が変わるのでコメントは参考程度に留めること。

【相性】
極軽い前菜以外は白ワイン向きのどんな料理にも大丈夫ではないだろうか。野菜主体のパスタ。魚も良いが鶏肉や豚肉が合うだろう。この日はイサキの香草焼きに合わせた。いずれにしても質の高い料理に是非合わせたい。
品種はフリウラーノ、ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、マルヴァジア、リースリングで比率は不明。 価格は2400円

ワイン名:2016 ミッレウーヴェ・ビアンコ(Milleuve Bianco)
生産州:マルケ州
生産者名:ニコラ マンフェッラーリ(Nicola Manferrari)
輸入業者:株式会社ラシーヌ
  1. 2018/05/20(日) 14:43:30|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェレノージのレーヴェ ペコリーノ

ヴェレノージのペコリーノ
【コメント】
青リンゴ、白い花の香り。レモンを思わせる酸。酸度は高いが上品な酒質である。アフターにレモンの香り。エレガントさのあるワイン。

【相性】
野菜の前菜。または野菜を主体にしたパスタ料理が合うだろう。鶏肉をシンプルにソテーした料理も良いが、ソースは軽めにした方が良い。この日はレモンのリゾットに合わせた。
品種はペコリーノ 価格は2600円

ワイン名:2015 レーヴェ ペコリーノ(Reve Pecorino)
生産州:マルケ州
生産者名:ヴェレノージ(Velenosi)
輸入業者:株式会社稲葉
  1. 2018/05/15(火) 08:55:08|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する