ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

宗像大社

福岡の宗像大社へ参拝しました。宗像大社は沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、本土の辺津宮の総称です。
まずは辺津宮。JRの最寄り駅からバスで10分強ですが、本数が1時間に1本程度しかないです。初詣は大変な賑わいなのに、普段は参拝客は少ないようです。交通安全の神様として、福岡ではクルマに御守りを吊るしたり、貼ったりして有名です。交通安全と言っても元は海運のことだったのです。朝鮮半島まで200キロ、途中逃げ道無しですから、神様に安全を祈るでしょう。境内はとても良い気が流れていました。参拝して安心して高宮に行くのを失念しました。
辺津宮01

次はフェリーで20分程の大島の中津宮です。港から徒歩5分です。こじんまりとした感じの良い神社でした。
中津宮01
脇に天真名井の御神水もありました。飲むと柔らかい水でした。
中津宮02
真名井の御神水ってどこも似てます。それは、ミネラル分とかではなく、水分子の結合度合いなのかなあと思いました。ついでに元の中津宮にも参拝(撮影失念)しました。ここには遠方から2ヶ月に1度参拝に来られる方がいらっしゃるらしいです。

そして、沖津宮の遥拝所です。
遥拝所01
ここ1ヶ月見えなかったらしいのですが、今日は沖ノ島見えました。
遥拝所02
それはともかく、ここのエネルギーは凄かったです。神のと言うより人が作り出した神聖なる気と感じました。とても温もりのある本当に嬉しくなる気でした。

浜宮と言う以前の辺津宮と言われる所にも行きました。現在の辺津宮と神湊の間位の所にあります。現在のと比較すると小さいです。
宗像大社浜宮01
宗像大社浜宮02
ここがこの日の最後の目的地だったのですが、参拝が終わるとサンダルの底が剥がれてしまいました。凄いタイミングです。それから実は、この日は目の前のバスに乗り遅れ、それで次の電車になったせいで、宗像大社へのバスに4分乗り遅れてタクシーに乗ったのです。しかし、タクシーの運転手さんに宗像大社の地元ならではの情報を教えてもらったのです。こういうのもタイミングなんでしょうね。

スポンサーサイト
  1. 2017/08/17(木) 19:29:25|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美保神社と出雲大社

お盆休みに島根県の美保神社を訪ねました。
場所は宍道湖の上に半島がありますが、そのほぼ右端です。ここはクルマがないと行くのに苦労します。松江駅からバスを乗り継いで1時間15分でした。
美保神社は全国にあるえびす様を祀ってる神社の総本宮。岬の手前の小さな港町にあります。
事前に聞いてましたが、とても趣のある神社です。
美保神社01
境内は山に囲まれて落ち着いた雰囲気です。その良さは包みこむ様に徐々に体に染み入るような感じです。
美保神社02
古式ゆかしきと言うべきか。これは、作ろうとしても出来ようがない次の世代に残しておきたい雰囲気です。
美保神社03

ついでと言っては失礼ですが出雲大社にも再度参拝しました。前回は式年遷宮の工事の最中でした。6年振り位です。本殿が素晴らしいです。出雲大社の遷宮は建て替えではなく、補修だそうで前回参拝時は見れなかったのだと思います。
出雲大社本殿01
本殿正面も良いですが、裏手、横からも良いです。
出雲大社本殿04
出雲大社本殿02
出雲大社本殿03
前回、ピンとこなかったと思ったのは全くの思い違いでした。屹立するでなく、厳しいでなく、優しいでなく、温かいでなく、ここは包容力のあるるつぼ(コロッセウム)の様。八百万の神々の参集でこんな雰囲気になったのでしょうか。

あまり気が進まなかったのですが八重垣神社にも行きました。松江駅からバスで20分弱とアクセスは悪く無いです。ここは開放的で朗らかな感じの雰囲気です。写真を撮るのを失念してました。しかし、この神社のお楽しみは奥の森ですね。一気に神聖な雰囲気になります。とにかく清々しいと言うか清らかです。そして、折角ですから鏡池で和紙に硬貨を載せての占いもやりました。
八重垣神社01
普通は縦に折り目が付くような感じで沈むのですが、私はコインの周りだけ重力が強くなったかのように直ぐに沈み込みました。他の参拝客の邪魔だからと池から離れたのですが、その参拝客の驚いた表情で沈んだことが分かりました。重力は空間が曲がることであることを最近認識したので、視覚的に見せてもらった気がしました。
  1. 2017/08/16(水) 19:29:14|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖ノ島写真展

沖ノ島00
8万点を超える国宝が発掘され海の正倉院と言われる沖ノ島。福岡出身にもかかわらず、その存在を去年まで知りませんでした。言い訳に聞こえるかもしれませんが、その存在を敢て公にしなかったためだと思います。そもそも、入島は基本的に神職の人のみ。10日毎に交代で常駐しているとのことです。島で見聞きしたことを他人に口外してはならない風習が未だに残っています。
一般の人は見ることが叶わない沖ノ島の様子。それを今回、写真家の藤原新也が入島を許可されて撮影。その作品の展覧会が日本橋高島屋で開催されました。作品の写真撮影が可能でした。

沖ノ島01
沖ノ島02
無人島で手入れされていないのにもかかわらず、荒れた感じが無く秩序だっています。そして、大きな岩が多いことに目を見張ります。

沖ノ島03
特に田心姫神(たごりひめのかみ)を祀る沖津宮の社に接している巨岩は驚きました。わざわざ岩にくっつけて建てたのでしょう。それにしても、岩は元から島にあったと言うより、後から置いたか、空から降ってきたような感じです。

沖ノ島07
福岡の宗像大社はお正月の初詣で賑わう神社ですが、正確には本土の辺津宮、大島の中津宮、沖ノ島の沖ノ宮の総称で沖ノ島自体がご神体です。そして、この3つは一直線に並んでいます。沖ノ島と大島を結んだ線上に本土の辺津宮を建てたのでしょうか。海の向こうに線を伸ばすと釜山に至るのは偶然にしては出来過ぎな気がします。

日本橋高島屋~2017.08.01
  1. 2017/07/29(土) 07:46:22|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・神聖幾何学のこと

数か月前までレシピコンプリート、なんて表現してましたが、止めました。レシピが完成、そんな曖昧な表現が嫌で考えに考えて思いついたのがコンプリート。意味は完遂ですね。世の中で誰も使ってないと思って去年採用したのですが、なんと数か月前に世の中で「コンプ」なんて既に省略形で使っている事実が発覚!気づかなかっただけなのかなあ。止めた理由は私が天邪鬼星人なので。(笑)
 これ宿命ですね。世の中で流行ったら止める。もしくは、静観。
ですので、先日真弓陽子さんから「俊也さん。コンプリートの人だから。」なんて言われた時、「コンクリート?」と聞こえる始末。(笑)
 刺激的な人と話をするのは楽しいです。メッセンジャーなどのヴァーチャルでも悪くは無いですが、波動がお互いに感じられるリアルが圧倒的に面白いです。化学反応とか天邪鬼星人ですから言わないです。(笑)
以下は神聖幾何学セミナーの佳境での会話です。敬称略です。
俊也「何?これ!わあっ、この浮遊感。」
陽子「?」
俊也「凄い。内容は全部わかっているわけではないのですが、ダイレクトに細胞に入ってきて喜んでいるんですよ。」
陽子「俊也さん。コンプリートの人だから。」
俊也「私の哲学の中でのキーワードは臨界点なんですね。その現象での臨界点を超えること。」「そしたら、料理の場合だとレシピがコンプリートするんです。」
陽子「ああ、それが俊也さんにとってのムナヤコトのコトなんですね。」
俊也「な、なんと!!」
 確かに科学的な表現が臨界点。太古の日本人の表現では「コト」なんでしょう。気づきをもらいました。
 さて、気付きのお返しと言うわけではないですが、真弓陽子さんに所縁のある伊賀上野的な表現だとこうなります。
 漆喰の壁をコツコツ叩きながら音を頼りに、探す探す。絶対あるはず。音が変わったぞ。その下に違いない!壁を押すと、壁は実は扉。ぐるりと回転して隠し部屋へとでんぐり返る。アイタタ(笑)
 すぐ目の前にあるのに気づかない部屋(世界)はいつだって用意されてるんですよね。
  1. 2017/04/27(木) 15:31:49|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神聖幾何学のこと

 初めて「しょうかたい(松果体)」という言葉を聞いた時「消火隊」じゃあないよなあ。そう思いました。同様に「しんせいきかがく(神聖幾何学)」は「新世紀科学」じゃないよなあと。ちょっと前までの私の理解度はそんな程度でした。
 この世の仕組みを知りたい私にとって、神聖幾何学は避けて通れないものであることは分かっていました。でも、大手町の丸善でドランヴァロ・メルキゼデクのフラワー・オブ・ライフの分厚い本をチラ見して立ちすくんでしまうのも事実でした。
 神聖幾何学を形取ったエナジーカードを数枚購入し、波動を転写するためにペットボトルを上に置いたり、財布に入れたりしました。効果を実感したりしたのですが、それは単に三次元的な使い方に過ぎないとの思いはありました。つまり、神聖幾何学がこの世の仕組みにどう関わっているのかが知りたかったのです。もちろん、ドランヴァロの本を読めば良いのは分かってはいます。でも、その前に何らかのステップが欲しかったのです。それで、インターネットを検索するも、ピンとくる情報はなかなかなかったのです。正確に言うと私のレベルに応じたものが無いと言った方が良いでしょう。そもそも、神聖幾何学って何?どんな役割なの?もし階層があるとしたらどのレベル?どういう概念で捉えたら良いのか?
 そのようなことを考えると真弓陽子さんの神聖幾何学のセミナーが目の前に。目の前に来たものは手に取ることにしているので参加しました。
今回はオープニング講座でしたので初級編。内容は正に私が聞きたいことでした。
・神聖幾何学のそれぞれの形に固有の振動数がある。
・振動があって、物質化する。神聖幾何学は物質化の前の状態(?)。
・神聖幾何学には磁石みたいに引き付ける力がある。意思がある。
 色々な説明を受けると、なるほどと思うことが多々ありました。結局、そもそも論的なものは文章での表現は向いてないのだと思ったのです。相手の反応を見て、言葉、表現を変えるのが重要ですから。今回、話されている内容を全て理解したわけではないです。でも、聞いていると、途中から漂うような浮遊感になりました。それは(左)脳をすっ飛ばして細胞が喜んでいるのです。きっと、時間が経過すると脳にフィードバックされることと思います。
 一番の収穫は量子物理学との関連性です。超弦理論では旧来の粒子と言う捉え方ではなく、振動する弦、よく輪ゴムが振動するさまで表現されています。量子物理学とスピリチュアルは最近かなり接近しているというのは皆さん感じられていらっしゃると思います。ともに言っているのが最初に振動ありきであること。これで私の中ではもっと近づいた。
  1. 2017/04/25(火) 15:28:40|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松果体の活性化

 きちんとした瞑想を習って2年半ほど経過します。その間、瞑想以外のさまざまなことも学びました。その中の一つに松果体の活性化と言うのがあります。最初に「しょうかたい」と聞いた時には「消火隊」じゃあないんだよな。でも、何だろう。その程度の理解度でした。
 松果体を活性化させるための方法論としては瞑想、フッ素を遠ざける、サン・ゲイジング(太陽の凝視)、松果体を活性化させる具体的なワークなどを行いました。

 私は見えない体質です。だからこそ、余計見たい思いが強いです。ただ、根拠はないのですが、松果体の機能はそのままで、眠っているだけと確信するようになりました。松果体は随意筋ゆえ、意識して思いっきり見開くイメージでトレーニングしました。
 このところは絶対に未知の領域に到達できると確信して行っていたのですが、先日、松果体の位置をイメージするメソッドで松果体の視覚に変化が現れました。

 まず、漆黒の闇に入りました。目を閉じているから闇は当たり前と思ったのですが、濃度が異なったのです。瞼の裏の暗闇の世界とは明らかに違いました。後日、思ったのは両目から第3の目にスイッチが切り替わる感じです。
 次に起こったのは身体の震えです。仙骨辺りを中心に最初は小刻みでしたが、コマの歳差運動のように徐々に振動が大きくなり、我慢できないレベルに達し、思わず声を発しました。すると、いきなり満天の星の中にいたのです。すると、あろうことか星は物凄い勢いで私の後ろに遠ざかります。これって、宇宙を超高速で飛んでいるってことなのか。次に星雲や寿命が尽きかける星々。これは実際の宇宙の姿とそっくりと言うわけではないですが、そうとしか見えないレベルでした。その後、六芒星に似た形や光り輝くバブル状の文様。もうわけわからない状態に突入し怖くなり、戻れなくなる恐怖もありました。
 松果体の活性化を意識し始めて1年くらい、毎日のようにワークをし始めてひと月位でここまで到達しました。それで、どうなるのか?どうなるのかが、大切なのではなく、あくまでも体感が大切なのだと思います。深い瞑想時に感じる空に繋がるような感覚、エネルギーワーク時に感じる手先の痺れ、身体が光る感覚。そのような体感と同じです。では、体感の種類が増えたらどうなるのか?そんなことは、分かりません。ただ、私としては体感を伴うことにより理解が進むのを期待しています。百聞は一見に如かずと言います。スピリチュアルは見えない世界です。ですから、百聞は一度の体験に如かず。何を信じれるのかは結局は体験できるかどうかに依存してしまうのだと思います。
  1. 2017/04/14(金) 16:52:21|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「メン・イン・ブラック3」を観て感じたこと

昔、予言物の本が流行った時期がありました。でも、ここ数年は見かけないです。多分、それは未来は決まっており、不可避なものと言う考えが変わりつつあるからだと思いました。今どきは、未来は変えたり、選択できると言う感じでしょうか。

先日、テレビで放送されていたメン・イン・ブラック3を観たのですが、腑に落ちるシーンがいくつかありました。

特にJ(ウィル・スミス)が1969年春の世界に戻って五次元の住人グリフィンと遭遇する辺りからです。

グリフィンは10月にニューヨークメッツが優勝するスタジアムに、その瞬間を見るためにひとりでやって来ます。グリフィンがスタジアムにいることを察知したJとK(トミー・リー・ジョーンズ)もそこへ。スタジアムには3人しかいません。

グリフィン「ロビンソンが打ったボールがイレギュラーしない限り、試合は決まりだ。」誰もいないグラウンドなのに、グリフィンが2人の肩に手を掛けると、興奮状態の試合が見えます。
J「こんな風に見えるのか?」
グリフィン「これね、滅茶苦茶うざったいよ。でも、良い時もある。」
J「この試合が行われるのは10月だろ?」
グリフィン「いつだって10月だし11月だし、3月なんだ。たくさんの未来が全部本物だ。そのうち、どれが現実になるかが決まるまでは、全部が起きている。」
「この瞬間は地球人の歴史で一番のハイライト。あらゆる物事がメッツの優勝に向けて動いている。これより、以前は毎年最下位のチームだったのに。」
「例えば、あのボールを見て!1962年にマサチューセッツ州の工場で作られ、第5戦の最後のアウトを取るあのボールは空気力学上欠陥がある。馬の革のなめし方が悪かった。なめし職人の奥さんのシーラが日曜にプエルトリコ人ゴルファーと駆け落ちし・・・」

(中略)

「(優勝が決まる最後の)バッターのデイビー・ジョンソンは父親がフットボールを見つけられず、野球のボールを誕生日にプレゼントしたから野球選手になった。ボールはバットの1000分の2ミリ高すぎる所に当たり、クレオン・ジョーンズの頭上にフライが上がる。両親がワインを1杯多く飲まないでベッドに入ったら、ジョーンズは女性に生まれクララと言う名前が付きタイピストになっていた。」

ジョーンズはフライを取り優勝が決まる。

「奇跡なんて無いように思われるけど、本当に起きるんだ。」

もちろん、これは映画のセリフで実際の奇跡の連鎖は違うのでしょうけど、とても頷ける表現だと思いました。

映画の最後もそんな閉め方でした。

KとJはカフェで食事を終えて店の外に出ます。

グリフィン「地球人の歴史の新しいハイライトだ。Kがチップを置くのを忘れさえしなければ。」

大きな隕石が地球に向かっている映像が流れます。
Kは店に戻ってチップをカウンターに置く。

K「忘れる所だった。」

隕石は人工衛星にあたり、粉々に。

グリフィン「危ないとこだった。うふっ。」←これがファイナルカットのセリフ。

これはバタフライ効果のことですね。
具体的に視覚的に見せられるとやはり記憶に残って良いです。そう言えば、カオス理論も初期値をほんの少し変えると結果がまるで変わると言っています。そう言うことなんですね。頭の中で繋がってきました。
  1. 2017/02/11(土) 19:53:55|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャツのポケット

シャツのポケット
先々週、シャツを2枚購入しました。
実は私はシャツが大好きなのです。学生の頃はトレーナーなど、ボタンのない服も着ましたが、今では基本的にシャツを着ます。白を着ることは祝儀、不祝儀くらいで、カラフルなもの、チェック柄が多いです。しかも、気に入らないとリフォーム店に修理を依頼するほど。襟や剣ボロ(カフスの隣)にボタンを付けて貰ったり、襟の角度を変えて貰ったり。
それで、買ったシャツですが、購入時には気づかなかったのですが、チェック柄のシャツの背中にダーツが入っていました。もう一枚はオレンジの無地のシャツです。購入時に気づかなかったのですが、帰ってから見るとポケットがありませんでした。シャツにポケットが無いなんて、かなりドレッシーなケースくらいです。チェック柄なら目立たないから良いとしても、無地のシャツなのにポケットが無いなんて間が抜けたような感じです。しかも前立て(ボタンホールのある帯状の生地)がないので余計に目立ちます。
でも、仕方ないです。既に買ったものですから。チェック柄のシャツのダーツは解いて、2枚とも洗濯しました。いつも糊を落として、自分でプレスしてから初めて着ています。
翌日、洗濯したシャツが乾いたのでベランダから取り込んだのですが、オレンジの無地のシャツにポケットが付いていました。どうして?チェック柄のシャツを見るとポケットがありませんでした。どうして?
さて、これをどう解釈するかです。
1.チェック柄のシャツにポケットが無いのに、オレンジのシャツにポケットが無いと勘違いした。
→シャツ好きの私がそんな勘違いをするか?それに無地のシャツにポケットが無いなんて!と頭の中で悪態をついたのは、どう説明するのか?
2.そもそも、オレンジのシャツにポケットが無いと思ったのが夢。
→だとすると、購入したチェック柄のシャツにポケットが無いことに気づかないまま、その日の夜にオレンジの無地のシャツにポケットが無い夢を見た。あまりにも都合の良い辻褄合わせです。
3.前日、オレンジの無地のシャツにポケットがなかったのは紛れもない事実。翌朝、私はオレンジの無地のシャツにポケットがある世界に移動した。
もちろん、3がとっぴな考えであることは私も認めます。でも、1と2は明らかに辻褄が合わないのです。
こういう現象、最近は慣れてきたから別に良いのですが。これからも、加速しそうな気が。(笑)
  1. 2017/02/07(火) 13:28:15|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する