ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

桧枝岐村

 私の周りにはテレビを所持していない人も割といます。私と言えばテレビを持っており毎日観ます。そうは言っても、アカデミックな番組ばかりです。10数年前は動物物、アート物の全ての番組を録画して観ました。それからクラシック音楽関係、「世界ふれあい街歩き」です。いつまで見なきゃいけないのか?と自分に問うほど辛かったです。でも、その答えはそのうち出ました。飽きるまで、でした。つまり、「これは以前にも見たなあ」が頻繁になった時、もしくは番組のレベルが低いと相対的に感じるようになるまで。
そんな私が今、ハマっている番組は「新日本風土記」、それから、そこへの連動番組である「もういちど、日本」です。
 外国語を話せない人は母国語のことを知らない、なんて言われます。確かに比較対象があってこそと気づかせる表現です。ですから「世界ふれあい街歩き」を見て日本人の考え方や気質を相対的に見ました。これは去年卒業しました。
 さて、「新日本風土記」の鑑賞目的ですが、田舎を見ることにより東京を代表とする都会を、古い時代を見、その対照として現代を見るためです。いわば考現学です。

「檜枝岐(ひのえまた)奥会津」これは2017.2.3の放送でした。私にとってはかなり衝撃的に面白く、ちゃんとレビュしたいと思いつつかなり時間が経過してしまいました。

[檜枝岐はどういう場所?]
 檜枝岐と言ってもピンとくる人は少ないでしょう。福島県の南西に位置します。尾瀬の入り口と言えばよいでしょうか。そのせいか、村人の半分以上が民宿や旅館など観光業に携わっています。標高940mの谷あいに200世帯が住んでいます。1年の半分が雪で覆われる日本有数の「特別豪雪地帯」です。限られた農地では山で陽が陰って米は取れません。
[檜枝岐の独立心]
 実は1917年に両隣の村から独立しました。今年が独立100周年です。3KWの水力発電機を購入するために株式会社を設立し、ほぼすべての世帯が株式を購入しました。現在の貨幣価値で二千万円。一世帯当たり10万円です。これで建設資金を賄い自分たちの力で明かりを灯したのことです。村人たちの結束が固いことがこんなエピソードから垣間見えます。それから今でも、年に一度は檜枝岐村民大運動会が行われます。

[落人はどこから?]
 この村の村民の名前には偏りがあります。村人の名前は星が4割、平野が3割、橘が1割。日常では村人同士は名前で呼び合います。実は檜枝岐村は落人たちの隠れ里と言われています。それは墓地のお墓の家紋に見て取れます。星家の墓には石田三成と同じ九曜紋があしらわれており、平野家は平清盛など平家が受け継いできた揚羽蝶。橘家は井伊直弼と同じ御前橘。
 この村は1200年前に星家の先祖がやってきて始まったのです。昔から伝わる星家の家系図に謎めいた文言があったのです。本名「藤原」、仮名「星」。藤原氏が素性を隠し、星を名乗っていたと言うのです。
 星、平野、橘、いずれも南の方から逃れてきた人たちです。言い伝えによると、星家の先祖は奈良時代の朝廷内の争いから逃れてきた人々。平野家は源氏との戦いに敗れた平家の末裔。橘家は戦国時代、織田信長に敗れた楠家の流れ。何れも敵の手を逃れ辿り着いた人々なのです。
 何故彼らはこの地を選んだのか。それは外から檜枝岐を襲ってくる場合、攻めづらい地形だったわけです。何しろ標高940mの山に挟まれた細い長い谷あいですから。そして、これらの人々によって最近まで守り継がれた掟があります。鯉のぼりを立てないこと。犬や鶏を飼わないこと。つまり人がいる気配を感じられないようにすると言うことです。

[その真偽は]
 さて、古文書だけで本当に武士や公家の末裔たちと言えるのかと言う疑問はあるでしょう。しかし、村人たちの話し言葉を聞けば直ぐにでも納得できます。村の民族史によると「綺麗に澄んだ発音」の侍言葉で話すとのこと。これは現在でもそうでした。方言がないだけではなく、言葉遣いが綺麗なのです。老婦人たちの話し言葉は字幕なしでも良く分かりました。村から10kmしか離れていない南会津町の大桃地区の年配の方の話は方言が多く半分くらいしか分かりませんでした。

[200世帯でのベビーブーム]
 村には数年おきにベビーブームが起こります。実は生まれてくる子が寂しくないように母親同士が示し合わせているとのことです。他に同級生がいた方が良いだろうとの思惑らしいのです。

「早く同級生つくって!」
「急げ」
「(同じ学年に)間に合わないよ!」(笑)
「あと1か月あるから大丈夫」

 産み合わせで生まれた同級生の繋がりは村を離れても続きます。檜枝岐村は中学校しかないので、高校は100km離れた会津若松市に通うことになります。ここに檜枝岐村が50年ほど前に村営の寮を作ったのです。親元を離れた子どもたちがこの寮に入るのです。慣れない環境で戸惑ったとき、寮には気心の知れた幼なじみがたくさんいるということです。
[口減らし]
 檜枝岐村の中心部に六体の地蔵があります。江戸時代の半ば繰り返し激しい飢饉が東北地方を襲ったのです。長引く飢餓が人々に過酷な選択を迫りました。働ける人を生き延びさせるのを優先し、母たちは口減らしのためにやむなく我が子を死なせたのです。その命を慰めるために立てられたのが六地蔵でした。このような話は檜枝岐に限らずときおり聞きます。

[]
 村では嫁入り道具をカロウトと言う箱に入れて持ってくる習わしがあったとのことです。自分が死んだときは自らの棺になります。生前に棺を用意する風習が生まれたのは江戸時代です。雪深い冬に死ぬと、棺を作る木を切り出すことが難しかったからと言われています。男も15歳の時にカロウトを作る習わしが昭和30年代まであったようです。
「生まれた以上、死ぬのは当たり前。何度考えても死なないでいる訳にはいかない。えっへへ。」と村の老人は語ります。

 若いうちから死を意識した方が、生を意識するので良いとは思うのですが、現代社会ではことさら死を生活から遠ざけている気がします。

[村民の歌舞伎]
 村には村人自らが演じる歌舞伎があります。春と秋に行われます。村の鎮守の境内に国の重要文化財に指定されている舞台があります。その対面には横に長い階段があり、そこが客席なっており、千人以上が着席できます。自給自足って食べ物ばかりに目が行きますが、檜枝岐では娯楽もそう。

檜枝岐民族史:
この村には飛びぬけた金持ちもいない代わりに極貧者もいない。
誰もが中肉中背で温和で平和に生活を楽しんでいる訳なのである。

 この番組を観終えて色んなことを思いました。国など外に依存しない心や頑なさ。少し、違いますがアーミッシュのことも思い出しました。檜枝岐には逃亡者のような事情があったから外との断然を選ばざるを得なかったのはあるのかも知れません。それでも、彼らの生き様は素敵なものがありました。それは自らの手で自らを治めていく自治の精神です。一つの理想的なコミュニティの姿を見ました。

 私にとってこの回は特に面白いものでした。毎回そうなのではないです。というか、こういう状態ならまだまだ止められないです。

国が何かをしてくれるだろうという依存心が薄いです。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/31(金) 14:32:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生活の範囲とコミュニティ

ダニエル・クレミュネルシャツ
 以前、住んでいた部屋の話です。そこに、引っ越す時、大家さんに畳をフローリングに出来ないか交渉しました。しかし、畳が好きな人もいるからと、敢えなく却下。引っ越して程なくすると、エアコンが調子悪くなったので、新しい物に交換してもらいました。見た目は明らかに旧式でした。長いこと売れ残ったものを在庫処分で購入!?
当時住んでいたのは、港区だったのですが、私が住んでいた辺りは下町風情が残ってて畳屋や町の家電屋がありました。そうです、このふたつは町内で賄われたのです。当時の私はコミュニティの大切さに理解を示していなかったのです。だから、大家さんには、家賃分の要求をして当然なんて考えてました。
人は、どの範囲で生活すれば良いのでしょうか。江戸時代までは、生活はその街でこと足りていたのです。交通機関の発達や資本主義社会の高度化で、物が遠くへ行き来します。便利ですが、非効率な気もします。足るを知らない私たち。もちろん、多くの人は行き過ぎと気づいているでしょう。そして、今は過渡期だと言うことも。
経済社会において勝ち負けなる表現が使われるのは、私はどうしても受け入れ難いです。私は以前から、近江商人の言う「三方良し」の考えです。それに関連して思い出したことが、「お互い様」なる言葉。
先週、ネルシャツをボタンダウンにしてもらいました。以前は電車に乗って3駅のお店に頼んでました。仕上がりは普通以下なのに、やや高額で期間はいつも一週間。依頼内容に間違いないとサイン。殺伐とした取引が嫌でした。丁度良いタイミングで近所の仕立て屋さんが、リフォームも始めたのを機に頼むようになりました。襟先の小さなボタンホールは手間だから覚悟したのですが、今回も1000円。いつも、来てくれてお互い様。そんな声が聞こえた気がしました。
  1. 2015/12/31(木) 15:01:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

托鉢僧

 新宿駅西口の地下街に時折鉢を片手に持ったお坊さんがいます。20数年前から金品を乞うている存在が気にはなっていましたが、姿を見かけるだけに留まっていました。修業とは言え何故に?どうしても、合点がいかないこの疑問ですが、ようやく私の中で解決したのが3年ほど前。
 それから新宿に行く機会が減ったせいか托鉢僧は見かけなくなりました。さて、どう解決したかなのですが、まずは正負の法則。良いことがあれば、悪いことも起こるということ。良いことが続いたら悪いこと、負担になることを自ら選ぶと予期せず身に振りかかってくる悪いことが避けられるということ。世の中にはナンパに成功したら、翌日携帯使って少額の寄付をするなんて人いるそうです。笑えるけど凄いです。それから、もうひとつは他人に施すことは自分に施すことを解したからです。托鉢僧は施す機会を与えてくれているありがい存在であるということ。だから、施しをした側がありがとうございますと言う。托鉢僧がお礼を言わないというのはそういうことだと分かりました。で、一昨日、数年振りに遭遇しました。気持ちの上では走って行きました。喜捨後、「ありがとうございます」と言っても托鉢僧はお経とチリーン。3年掛ったけど来年に持ち越さなかっただけでもよしとしましょう。
  1. 2013/12/28(土) 17:36:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百日紅

百日紅1
 真夏を彩る百日紅(サルスベリ)。
 今年の春だったか、この百日紅の花について書かれた記事を読んだのです。桜なんて目じゃない、などと書かれていたのでとてもひかれました。調べると東京だと7月中旬辺りに咲くとのことでした。百日紅とは3か月に渡り赤い花が咲いているからの命名だそうですが、実際には咲き続けているのではなく散っては咲きを繰り返しているとのこと。花は縮れて色は赤、ピンク、白といったところでしょうか。枝の先にしか花が咲きません。

百日紅2
 この暑い最中に咲くなんてのが健気です。記事には花が1日ほどしか持たないとのことでした。朝、木の根元を見ると花が散っているのを見つけ、咲いていたのかと見上げるとのこと。しかし、私が見つけた百日紅は散っている様子がないです。そして、桜なんて目じゃない、というのもピンときませんでした。その記事の筆者はよほど大きな百日紅を知っているのだろうと思いました。それにしても、枝先しか花をつけなく、枝の密度が疎なのでそれほど映えません。それでこのまま百日紅への興味は無くなるところでした。しかし、近所の百日紅の並木道に似た花を見つけたのです。

百日紅3
 木の下には細かい花びらが散っています。そして、木には全体的に花をつけています。木の下に行くとたくさんの蜂の羽の音がします。少し離れて見ると打ち上げ花火の様です。これだったのかと思って木の幹を見るとサルスベリの文字が。枝の付き方が良く見かけるものとは違います。あと、花も若干小さいようです。これもサルスベリ。
  1. 2013/08/04(日) 17:29:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンと塩分

 先々週だったかNHKの番組でガンに関する番組を観たのですがとても興味深い部分がありました。食事の塩分を極力摂らないようにすることでガン細胞が無くなったとのこと。番組では塩分摂取を減らすことを提唱するドクターが出演し、その患者がどのように塩分摂取を制限するかを伝えていました。患者は家族と一緒だと気づかないうちに塩分を摂ってしまうので一人暮らして自炊してました。買い物は商品の成分表示を見て、塩分の表示があるものは買わない。これだと買うものが素材しかなくなります。大変面倒な治療(?)なのですがこれが功を奏してガンが小さくなり、切除も可能なまでになったとのことでした。番組に出演してない人でガンが消えたという人もいました。
 番組はガンと塩分の関係に焦点をあてていますが、ガンが小さくなったのは治癒力が向上したからです。これは逆に言えば塩分の過剰摂取が治癒力を低下させるということになります。これには驚きました。人間は適応力はあるでしょうが、それも限度があるのでしょう。甘いものを摂り過ぎれば糖尿病になるし、お酒を飲みすぎれば肝臓に障害が発生します。今まで塩分の摂りすぎは高血圧につながると言われましたが、それだけじゃあなく治癒力自体を低下させるなんて大変なことです。
 病気はメッセージだと言います。ガン細胞が消えたということはその人へのメッセージは不要になったということなのでしょう。そしたら聴こえてくるはずです。「そのままの生活習慣で!」
 ガン細胞を切除するならメッセージは聞く耳ないということ。いえ、切った後に耳を澄ましてもよいかもしれません。いずれにせよ塩には注意ですね。
  1. 2012/07/09(月) 21:01:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則

南雲吉則

 時々健康に関する本をチェックします。健康になりたいからというより、健康に対する自分の考え方が正しいのかどうかを確認するためです。合っていることが確認出来たらそれでおしまいなので購入は滅多にしません。しかし、今度の南雲吉則氏の「50歳を超えても30代に見える生き方」は違いました。今まで疑問だったいくつかのことをとても明快に説明してくれました。それに今まで思いもしなかった新しい考え方も提供してもらえました。
 例えば、完全栄養を採るという考え方。「人間の体と同じ組成の生き物を丸ごと食べる」その理由はここでは割愛しますが、私にとってかなり衝撃的でした。最も簡単なのが小魚やエビ。野菜や果物は皮ごと食べる。米は玄米。白米なら、ぬか漬けを合わせる。
 本の中では昔から身体に良いと言われていたことも書かれていますが、その理由が根本的な見地から述べられています。これを全編徹底しています。これも長年私が欲しかった回答でした。
 じゃがいもの皮なんて味覚的に美味しくないのに皮を食べたいと思うのは、飲んだくれて最後にラーメンを欲するのと同じだったんだと気付きました。
 身体はちゃんと分かっていたんです。そういうことに、また大きく気付きました。
  1. 2012/02/20(月) 20:00:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気づきの気づき

 仕事にしろ、家の用事にしろ、明らかに変ではないけれど何か気になることって時折あるものです。例えば仕事で何かのチェック作業を行っていたときに感じる違和感。
「何か変だなあ。大丈夫かなあ。」など。
 このような気になる時にはよくよく調べてみるとやはり間違っていることが多いです。何か気になると思っているときは間違っていることに既に気づいているのではないかと思うのです。
 最近東海道線に乗る機会がありました。目的地の到着時間からすると時間的には余裕があったので出発を1時間先に延ばすことにして家の用事をしていました。でも15分後に自分で何で?と思いつつも出発しようとふと思ったのです。駅に着くと30分遅れの電車が丁度やってきました。この電車に乗車し1時間半、乗り換え駅の直前で悪天候のため5分ほど立ち往生しました。そのため残念ながらうまく乗り継げませんでした。出発を変えたのが良くなかったのかとその時は思いました。でも目的地に着いたあと友人と何気なくテレビを観ていたら東海
道線が不通になってなっていることがわかりました。最初に1時間延ばしたままだったら目的地にはその日まともな時間には着かなかったのです。実際翌日の電車で「昨日は電車が止まって酷い目にあった」なんて言う乗客がいました。
 これは受信能力と言い換えても良いかも知れません。正確な表現をすると何かを受信するというより既に自分で知っている。つまり「このまま1時間延ばすと不通になってしまうから出発しなきゃ」ということを。それを既に知っているということです。誰しもそんな能力があるのだと思います。

 さてそんな例を挙げてまで私が今回気づいたことはというと
「気づくことは全て良いこと。」

別の表現をすれば
「感じたことを無視してはだめ。」

 受信能力は誰しもあるのですが感度はその時の健康状態、精神状態などで変わってくるでしょう。大切なのは感度を良好に保つことと受信時に無視しないことの2つなのでしょう。

 スピリチュアルトークを良くする知人に東日本大震災の3.11はどうしていたのか?と聞いたところ「会社を休んだ」とのことでした。地震があった後で「これだったんだ」というほど受信感度の良い人です。にわかには信じられないようなことも、身近で見せ付けられるというのは一番説得力があるものです。身近にそんな人がいない人は、自らでそんな事実を積み重ねればよいのです。それは数学的確率では説明つかないものとなるはずです。

  1. 2011/12/31(土) 21:49:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決められない政治とだらしないマスコミ

 決められない政治、それは今に始まったことではありませんがここに来てその印象が一層強まったように思います。「改革、改革」という掛け声は聞こえども実行が伴わない。AをBに変えますと宣言したのに結果「A’」にしかなっていないなど。決めるべきことをいつまで経っても決められない。そんな政治に有権者はジリジリしています。そんな閉塞感の中で言ったことを次々に実現している政治家もいます。大阪維新の会の橋下氏です。大阪府民に実行力を示したわけで人気が高いです。先日の大阪市長選でのこと、現市長が橋下氏を「独裁だ」と批判すると、橋下氏は「今の日本の政治に足りないのは独裁ですよ」と返します。確かにそうかもしれません。大きな政府が大きなことを決められないのはローマが共和制から帝政へと移行した歴史を見てもわかります。
 橋下氏の人気は以前からのテレビ番組出演で名が知れているからというのも少しはあるかもしれませんが現実には有権者が理解しやすいことにあるように思います。それは言っていることとやっていることが一致していること、そして話している内容が明快なのです。今の政治家はテレビ向け、選挙向けなど言うことを使い分けますが橋下氏は建前というのが感じられないほどはっきりとものを言い、聞いているほうがはらはらするほどです。また、政治手法も明快です。民主主義の根本原則に従って行動しているように感じます。
 今やるべきは掛け声だけでさっぱり進まないちっぽけな改革ではないように思います。やるべきは政治という仕組みを変える改革ではないでしょうか。変えるのは政治家かもしれませんが、それを判断するのは有権者。その判断が出来るためにも日本の有権者は橋下氏の大阪維新の会の動向をケースステディとして学習すべきではないでしょうか。
 現在のだらしない政治になったのはもちろん政治家自身に責任があるのですが、監視するマスコミもだらしないと言われています。沖縄防衛局長の発言問題でオフレコの内容があまりにも酷いから暴露するは良心なのかもしれません。でもオフレコを暴露するのはマスコミの第一義的良心に反します。それからこれは聞いた話ですが番記者は誰が誰と会うなどの政局の質問ばかりで政策について聞いて来ないと政治家は嘆いているそうです。政治家とマスコミの関係は良好でなければいけないと思います。
 有権者にとってマスコミは頼みの綱なのです。その頼みの綱であるマスコミは批判だけしていればいいのではないはずです。建設的なことにも焦点をあてる役割だってあるはずです。大阪維新の会の活動がもしケーススタディーとして適材ならば動向チェックとその情報発信はマスコミが是非行って欲しいものです。
  1. 2011/12/29(木) 21:49:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する