ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

上原ひろみ(ビヨンド・スタンダード日本ツアー)

 上原は毎年世界中を飛び廻っていますが、どうも12月には日本に里帰りするようです。前回観に行ったのが2006年の12月でした。2007年も12月には公演を行っているようです。今回は日本ツアーの最終日のチケットがなんとか取れました。

 2年前と比べて成長しています。東京ジャズでのテレビ放送でも確認していますが実際に聴くと実感します。今の彼女のお気に入りは表ではなく裏、長ではなく短でしょうか。タイミングでは裏をとります。そして、フレーズには暗さを感じます。それはそう聴こえる音階を選択しているからでしょう。音階に長調と短調がありますがその違いと言えばわかり易いでしょうか。あと、和音も暗い印象を与えるものを選んでいるようです。でも、演奏はパワフルなので暗さは微塵もなし。逆に面白い。
 松任谷由実が明るい曲調で悲しい詞を歌うことがありますが、それと同様にアンバランスさがマゾヒスティックに気持ちよいのです。

 前半はビヨンド・スタンダードから5曲。後半は過去の曲からという構成でした。前半の5曲は一曲一曲の完成度が高く飽きなかったです。特にというかやはり上原のアドリブが凄い。同じリフを繰り返す場面がわりとありますが、それが出るたびに「どこで終わる!?抜ける!?」と緊張感が高まります。上原はそれに応えて、微妙にリフを変えたり、電光石火でリフを抜けたりで、そのたびに私は「やられた」と唸ります。

 ただ、後半の過去の曲は少し物足りなさを感じました。上原は過去の曲も同じようには演らない主義なので、曲を崩してというかアレンジしています。完成度が当時極まったものを、再度崩して演奏するというのは飽きに対しては有効ですが完成度からはやはり不利です。でも、新しさ、気持ちの新鮮さを重視するその姿勢からそういう結果になることは承知のうえです。これも彼女の個性なのですから。

 終演ですがメンバーは一旦引き揚げ、上原のみ再度登場。長いMCのあとソロピアノ。そして、他のメンバーも登場してアンコールに応えました。そして、コンサート終了のアナウンスが流れます。しかし、盛り上がった聴衆はそれをかき消すように、「うぉー」という歓声が続き、なんと再度メンバーが登場しました。最終日だからでしょうか、上原が「みなさん最高、燃え尽きよう!」

 さて、客層ですが30歳代を中心に40~50歳、時折60歳代と思しき人。下も20歳代、時折10歳代。とっても幅広い年齢層です。男女比では6:4から7:3位でしょうか。それにしても女性が中心バンドとはいえ、この手の音楽で女性がこんなに多いのはなかなかないことです。音楽としての魅力もそうですが、一人の人間としての魅力、それが同じ女性であるということが多くの女性をコンサートへ足を運ばせるのでしょうか。同伴者の一人である女性は上原は初めてだったのですが、演奏に感激していましたし、MCがよかった、ファンになったと言っていました。

 「上原は明日からまた音楽の冒険旅行に旅立ちます。」とのことでした。いってらっしゃい、そして、また来年大きくなった姿を見たいものです。

2008.12.28 東京国際フォーラム
スポンサーサイト
  1. 2008/12/29(月) 15:02:36|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する