ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ワイン会(アルザス)

01 Cremant d'Alsace Brut Zero / Julien Meyer
アルザスポワロ
→3000円台にしては繊細な泡。クリーミーさがあり、程よい酸がシャープさを演出しています。見事なクレマン。

【ポワローのムース】
→ポワローはバターではなくオリーブオイルで炒めたもの。


05 Riesling Sonnenberg Non Filtre / Audrey et Christian Binner
アルザスゴボウ
→柑橘系の風味、そして石油系の香り。ミネラルを感じる。オイリーさも少し。

【ゴボウのスープ】
→野菜はゴボウだけのスープ。酸は白ワイン。甘みはマディラ酒と野菜のブロードから。


06 Gewurztraminer Grand Cru Steinert / Jean Ginglinger
アルザスブロッコリー
→オレンジの香り。重さを感じる酸。甘さが上品。トロミを感じる。見事なワイン。

【ブロッコリーのスパゲティ】
→ブログに作り方を掲載しましたが、その後、茎の部分は炒めるだけで茹でないようにし歯応えを残しました。


04 Pinot Gris Clos Saint Urbain Rangen de thann / Zind Humbrecht
アルザス金目
→ドライハーブのような苦味を感じる香り。オレンジなど柑橘系の味わい。凝縮感がありミネラリーである。エレガントな酸は格式さえ感じる。

【金目鯛のポワレ ソース・ブール・ブランで】
→焼きは20分。これで皮目は食べ終わるまでパリパリに。参加者にもこのパリパリ感は受けました。


05 Saint Hippolyte (Pinot Noir) / Marcel Deiss
アルザスチーズ
→生のカシスを食べているような風味。良質な優しいタンニン。エレガントなワイン。

【フロマージュ】
カマンベール、ゴーダ、ロックフォール


【デセール】
パリ・セヴェイユのケーキ
アルザスケーキ
手前からロアジス、フィグ・オランジュ

[music]
Illusion [ George Duke ] / Anything can happen [ Leon Rusell ] / Journey [ Fourplay ] / Tamia [ Tamia ] / Takin’ Off [ Herbie Hancock ]

スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 12:10:00|
  2. ワイン会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する