ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

良識

 このブログは日記ではなく本来の意味のWEBLOGとして立ち上げました。だから記事は限定されたカテゴリのレビュのみです。カテゴリ毎のバランスが取れるよう注意してはいます。でも意識してその他も少しだけ入れています。メインの4カテゴリより少なく。
 世界同時不況に突入の昨今、食の偽装、秋葉原の事件など世の中はどんどん悪い方向に向かっているように思えます。果たしてこの先どうなるのだろうかという不安感は漠然と持っているかた多いと思います。
 でも良い方向に向かっている兆しも感じます。いろんな事件が起こっているのは膿が出ているように感じます。例えば、食などの偽装は今までもあったと思いますが今はそれが表面化しているにすぎないのではないかと。表に出るきっかけの殆どは内部告発です。つまり、昔は本音と建前を分けることがまかり通っていたけど、今はそれが通らない。職を失うリスクがあるにもかかわらず告発する「それが許せない」人がいるわけです。もちろん内部告発しやすい環境が以前より整ったことも一因でしょう。
 モンスターペアレンツという言葉が出たとたんにモンスターペアレンツが影を潜めたというのはとても印象的な出来事でした。本人たちは当然だ、権利だと思っていた行為が客観的にはどう見られているかを初めて意識したのでしょう。
 リーマンブラザーズが破たんする前、バンカメがリーマンとではなくメリルリンチと合併することを決めました。その理由はリーマンのグリード(貪欲)だとCEOが言いました。貪欲であることがいつの間にか悪になった。もちろん、バンカメが貪欲でないとも思いませんが、あからさまな貪欲は否定されたのです。法の範囲内であれば何をやってもいいのか?そんな声なき声が聞こえます。
 このままでは世の中がだめになる。もっとしっかりしなくてはと思い始めた人が多くなったということではないでしょうか。とても良い傾向だと思います。もちろん楽観は禁物でしょう。それにこれからも膿はおびただしい数出るはずです。膿がなくなるか、膿でなくなるまで。良き世の中になる過程でこれは避けられないことなのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 21:57:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する