ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

魚力

 最近考えているのは美味しい料理についてです。2ヶ月ほど前に隣街の住宅街にあるレストランに入ったのです。前から気になる店でしたのでやっと気になる状態から解放されると勇んで入りました。店内は清潔で申し分ない雰囲気。注文したどの皿も存分に目を楽しませてくれました。でも舌は泣いていました。不味いわけではないけど見た目とのギャップが甚だしい。入っちゃダメだと無意識にわかっていたから、いつも素通りしていたのだと自分に納得しました。それにしても何年か振りの失敗です。それから、これをリセットするために反対側の隣街にある前から気になっていた店を訪れようとしました。今回はきちんと調べました。するとそこも行ったら後悔する店だと判断しました。
 暫くはレストランはお預けだと観念したとき、美味しい定食屋にでも行こうと思い立ったのです。渋谷でランチをやっている居酒屋の横を通りがかるとピンときて入ったのです。豚トロ定食を注文し食すとこれが美味しかったのです。味噌汁もご飯もなかなかよく。シンプルながら丁寧さを感じる調理と感心しました。再度食べたくなって何週間か間を置いて訪ねて再び豚トロ定食。これはダメでした。厚みが最初より厚く食感がよくなかったのです。たった1、2ミリの違いで食事の印象はずいぶんと違いました。
 ある平日の昼、美味しい魚を食べさせる店として噂には聞いていましたがまだ行っていない店に行こうと思い立ちました。店名は知らなく場所だけおぼろげに渋谷東急ハンズ、もしくは東急百貨店本店の先と聞いていたのです。あの辺りは飲食店はまばらなので調べるとすぐに魚力とわかりました。
さて枕が長くなりましたが魚力のレビューです。ランチメニューは壁に掛かっている手書きのメニューの札を取ってカウンターに提示します。
魚力1
 ¥1000のメニューもありましたが、この日は銀ダラ味噌焼き定食¥1360にしました。タラの切り身は想像していたのより倍の大きさにビックリ。その次は食べてビックリ。ちょっとこれは美味しすぎる。早まる箸のスピードを理性で抑えられないほど。こんな美味しいものゆっくり食べられようか。サラリーマンのお昼の食事代は出しても¥750位でしょうか。¥800までいくと高いという印象です。でも普通の定食屋の魚より格段に美味しいので¥1360で安い印象です。それなりに特別なタラかも知れません。それに漬け込む味噌も。それでもどうしたらあんなに美味しくできるのだろうかと思います。
魚力2
 因みに写真はおひたしが付いていますが、これは本日のラッキーナンバーに当たったため追加したものです。メニューの札の裏に数字1桁が記載されており、日毎に当たり番号が2つあるというシステムです。

 美味しいものを作る時、私が欲しいのは魔法。もちろん調理には種も仕掛けもありません。つまり食べ手が勝手に魔法と称してしまう、そんな調理です。豚トロ定食は肉の厚みと焼き加減がそれに相当するのでしょう。ですが魚力は見当がつきません。恐るべし魚力、今度は夜に訪ねてみたいものです。
 因みにランチのご飯お替りは自由ですが、残すと¥500ペナルティーが課されます。なんだか魔法使いのお仕置きみたいです。
 隣街のシェフは見た目のホウキと絨毯ばかりに目が行って肝心の魔法の修行が欠けていると思いました。

スポンサーサイト
  1. 2011/05/27(金) 00:31:26|
  2. 食(レストラン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する