ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ローラン・シュミット(ミュスカ グリンツベルグ)

ローランシュミットミュスカ
 2004年からビオロジ―栽培を始めたローラン・シュミット。生産している10数種のワインは手摘みの収穫で澱引きをしないシュール・リーとのこと。

【コメント】
 白い花の香り。そして、やはりマスカットの香りが強烈。スダチの様な柑橘系の香りも少しある。それにハービシャス。繊細さを感じる酸。糖分を感じる。とにかく、繊細でデリケートなのに華やかで鮮烈。素晴らしいキャラクターである。品種はミュスカ・オトネル70%、ミュスカ・ダルザス30%。価格は2100円。

【相性】
 このワインには野菜料理であろう。野菜料理しかではなく、まさに野菜料理にぴったりというマリアージュであろう。野菜のテリーヌなんてどうだろうか。オイリーでない料理が良いだろう。

ワイン名:Mascat Glintzberg 2012
原産地呼称:A.C.Alsace(A.C.アルザス)
生産者名:Domain Roland Schmitt(ドメーヌ・ローラン・シュミット)
輸入業者:有限会社 ヌーヴェル・セレクション
スポンサーサイト
  1. 2014/04/24(木) 21:15:59|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する