ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

マーラー交響曲第3番(テミルカーノフ:読売日響)

マーラーNo3テミルカーノフ
 読売日響でテミルカーノフは2年振りです。前回は池袋でしたが、今回は文京区春日。シビックホールは私自身初めてです。今日の演目はマーラーの交響曲第3番です。楽章は6つあります。児童合唱の「ビムバム」は第4楽章。
 さて、早速感想ですが、第1楽章は30分超えと長い楽章ですが、あまり良いとは感じられませんでした。正直少し寝てしまいました。帰る時、前を歩いていたオーケストラに所属していた風の若い女性二人も「最初は良くなかったけど、後半は良かった」と言ってました。リハーサルの時間は限られているわけで、どこに注力するかになるのは仕方ない気がします。第2楽章も悪くはなかったのですが、私は第3楽章からの印象が良かったです。漂うようなホルンが素晴らしかったです。もちろん、そういう印象にさせる弦の役割も大きいのです。「ツァラトゥストラはかく語りき」の詩を歌う声楽の第4楽章も悪くはなかったです。しかし、なんと言ってもこの曲はやはり合唱の入る第5楽章からです。私はビムバムが始まった途端にその清らかさに涙しました。その後2度ほど嗚咽を我慢。
 そして、最終楽章。この楽章は親しみやすい旋律は特になく聴く方も印象に残り難い気がします。だから演奏する側、特に指揮者の力量が問われます。これが満たされた時こそが、この楽章の魅力が出る時。曲の解釈や力量が伴っていない指揮者だと、恐らく呆気なく曲は終わってしまうのだと思います。私の中では、テミルカーノフ以外ではインバル位でないと満足できないです。さて、この楽章ですが、毎度この表現になってしまいますが音の織物です。
 テミルカーノフは第6楽章が進むにつれて縦横無尽に織り上げていきます。極彩色の糸で紡がれたタペストリーはコンサート会場の客を大きく囲むように天井まで一気に織り上げられます。その美しさ加減に我々の意識もここには無くなり心は天上へと導かれるかのよう。そして、私と言えば頬から顎に滴る涙。コンサート会場をくまなく埋めたタペストリーは曲の最後に解き放たれあっという間に落下し我々の体に無上の喜びと言う震えを残し通過します。
 終わった途端に我慢から解き放たれました。みんなはブラボーと言っていましたが、私は泣きじゃくり顔をハンカチで押さえてそれどころではありませんでした。久し振りに大泣きの演奏会でした。テミルカーノフと読売日響も長い故、結構な表現力となったと言うことでしょうか。それにしても物凄い第6楽章でした。
 テミルカーノフは本当に見事に音を積み上げます。テンポの上げ方のタイミングや音の重ねかたの加減など、見事に計算し尽くされています。細部まで見えているのはよくわかります。だから彼はコンサート会場のはるか上から指揮をしているかのようです。

2015.06.07 文京シビックホール
読売日響 テミルカーノフ
メゾソプラノ:小山由美
女声合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
スポンサーサイト
  1. 2015/06/07(日) 21:15:51|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する