ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

グラーチのエトナ ロッソ

グラーチのエトナ ロッソ
【コメント】
フランボワーズ、イチゴなどのフレッシュな赤系ベリーの鮮烈な香りに魅了される。鮮烈さと言う意味ならブルゴーニュのシャンボール・ミュジニィの優良生産者の一級畑のそれであろう。ゾクゾクするほど生々しく感じるのはミネラリーさから。細かく溶けたタンニンが裏に回って見事に支えており、一層際立たせている。綺麗でエレガントさを湛えた酸も最下層に確りあるので、その上位層が映えるのであろう。ネレッロ マスカレーゼ種で作られたこのワインは目を見張るものがある。細かくはない澱が結構あるので最後は注意する必要がある。刮目してしまうエレガントなワイン。

【相性】
このワインの鮮烈さには重みを感じさせる鈍重な料理は出来れば避けたい。ソース、煮汁にキレを持たせるなど工夫したくなる。つまりはこれは料理に合わせると言うより、ワインを楽しむために料理をアレンジしたくなる。具体的にはトマトソースを使った料理、肉なら鶏や豚などが良いだろう。ハンバーグステーキもデミグラスソースではなく、赤ワインを強調したソースが良いだろう。
品種はネレッロ マスカレーゼ種100%、価格は2500円

ワイン名:2013 エトナ ロッソ(Etna Rosso)
生産州:シチリア州
生産者名:グラーチ(Graci)
輸入業者:テラヴェール株式会社
スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 09:25:44|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する