ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ブルックナー8番(スクロヴァチェフスキー)

ブルックナー8番


 今年はブルックナーをそれなりに聴きこむことにしている。年初の目標の一つでした。去年まではブルックナーを聴いてもそれほど感銘を受けることはなかったというのが、その理由である。コンサートの予定を入れればいやでも事前に聴くことになるだろうとの思いでスケジュールをいれる。スタニスラフ・スクロヴァチェフスキーが振るNHK交響楽団で交響曲第8番。これ以上何を望むだろうか。
 この計略の効果はなかなかあって、同指揮者のザールブリュッケン交響楽団での同じ曲の演奏を何度か聴いた。因みにこれは2年半前の来日時の演奏である。

5/13土曜の開演は3時でした。昼間の開演は日曜はよくありますが土曜は珍しいのでは。でも5時ごろ終わるのでその後ゆっくり食事ができるのでありがたいです。

 さて、スクロヴァチェフスキーはいつものように大きめの白いボウタイでの登場です。バタフライ型の大きなボウタイはクラシックなのでそれなりの人でないと似合いません。それはネクタイをウィンザーノットで締めてもなかなか似合わないのと同じです。

 演奏は素晴らしかったです。事前に充分予習したせいもあるでしょうがやはり、スクロヴァチェフスキーは素晴らしいです。ブルックナーはクリスティアン・ティーレマン、ユッカ・ペッカ・サラステ、アーノンクールなどもテレビ放送やCDで聴いたことありますがやはりスクロヴァチェフスキーが私は好きです。

 さて、この8番ですが一番好きなのが第2楽章のスケルツォです。次のアダージョはそれほど好みではありません。最終楽章は好きなのですけど。

 聴衆の反応も概ねよかったと思います。演奏後何度も拍手に応えて登場し、最後はコンサートマスターの篠崎氏の手を無理やり引っ張り一緒にそでに引っ込みました。これには篠崎氏、聴衆ともどもちょっと失笑。


スポンサーサイト
  1. 2006/05/14(日) 18:11:21|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Good night,and good luck | ホーム | 自転車で山手線一周>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/101-397a12f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する