ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ペテロ・オドレキウスキー

 知己からコンサートを企画したので是非との誘いが入った。事前情報によると、クラシックのアコーディオンのソロ。ウクライナ人でフランス パリ在住のペテロ・オドレキウスキー。そもそもの経緯はフランスの街角でペテロ・オドレキウスキーの演奏に感銘を受けたのが今から6年前、そのときはそれっきりだったのだが、どうしてももう一度聴きたくて捜しまわり、ようやく今年の春、フランスの地下鉄で彼の演奏に出会えたとのこと。その機会を逃さずその場で口説き落としたとのことでした。知己の幅至氏は譜面の初版のコレクションするなど音楽に大変造詣が深い。その彼がどうしてもと日本に連れてきたというだけで、殆ど音楽のレベルが保証されたようなものである。
ペテロ

 アコーディオンですが、右手側が普通の鍵盤ではなく、丸いボタンのようなものです。それに音色も割と変えられるようで、トッカータとフーガではオルガンのような音にしていました。左手側は一般的なアコーディオンと同じ径が1cm程のボタンです。
 会場は千駄ヶ谷駅前の収容500人ほどの津田ホール。当日(7/11)は残念ながら仕事の都合がつかず前半の演奏には間に合わなく、後半のみ聴くことが出来ました。
 ソロの演奏ならどうしてもテクニック的なものを求めてしまいます。やはり、ひとりで演奏するにはある程度、人を直接的に惹きつけるものが欲しいからです。さて、ペテロのテクニックですが申し分ないほど高いレベルにあります。そして、テクニックの高さに比して充分な音楽性の高さを示しています。超絶技巧の曲も聴いていて心地良いのはその音楽性の高さゆえでしょう。演奏終了後はCDの販売とサイン会が行われました。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/13(木) 00:24:48|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゆれる(西川美和) | ホーム | チーズサロン(大和田百合香)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/124-00dac98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する