ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

コート・デュ・リュベロン(ヴェルジェ)

 ロゼワインというのは絶対数が少ないこともあるが、やはり年間に一度飲むかどうかである。それもどこか外で、何かのタイミングでという程度。でもロゼワインの有用性は認めてはいますので避けていたわけではありません。
近くのスーパーマーケットで試飲販売していました。
リュベロン

まず品種がシラーと聞いて試飲する前にびっくり。作り手は白ワインで秀逸なヴェルジェなので中身は問題なしです。早速購入し試しました。

 ベリーなら赤系、さくらんぼ(?)のようなの香り、最後にピンクペッパーに気づく。ボディも軽すぎず重すぎずちょうど良い。黒ぶどうのシラーだけ作られたので味わいは純然たる辛口、浸漬途中で果皮を取ったのだろうが、少しシラーのタンニンが残っており、それがなんとも言えず良い。このようなロゼワインがもっと市場に出回ればよいのにと本当に思う。ロゼは色合いの美しさ、いろんな食事に合わせ易いなどの長所がある。ロゼの認知度が低いのはひとえに世の中のああロゼワインの品質が今ひとつゆえである。今回のは¥1500とやや高めだが品質からすると高くは無いです。

 栓はスクリューキャップ(画像参照)です。売り場には同じリュベロンの赤ワインがありましたが、それはコルク栓でした。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/17(木) 00:19:58|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<河井寛次郎記念館 | ホーム | HA(恵比寿)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/135-3622d512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する