ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

喉に骨

 喉に魚の骨が刺さることを何年か前に経験しました。魚はたしかニシンでした。鏡で口の中を覗いて見ても分かるほど大きな骨でした。口の中に手は入らないから、近くのドラッグストアでピンセットを購入し何とか外した思い出があります。それから骨を食べる時は良く噛んでからにしています。ようは先端さえ尖ってなければ大丈夫だろうと思ったわけです。

 一昨日、新物の秋刀魚を買って食べたのですが、これが久し振りに骨が喉に引っ掛かりました。うっかりよく噛まずに飲み込んだのがいけなかったようです。常時痛いというほどではなく、唾液を飲み込むときにやや痛みを感じるほど。単に喉の調子が悪いだけかもとその日は何も施さずに過ごしました。昨日も症状は変わらなく、これは骨が刺さったと確信しました。
 かかり付けの耳鼻科に取ってもらうことも考えたのですが、とりあえずご飯を可能なだけ丸呑みしてみました。取れた感じがしました。唾液を飲み込むときには必ず感じていた痛みが、無くなったからです。しかし、痛みが完全に無くなったわけではないので不思議でした。まだ骨が刺さっているのだろうか、それとも骨は無く、単に喉の調子が悪いだけだろうか。そんなことを考えて今日を迎えると痛みは全く出なくなったのです。予想してはいたのですが喉に刺さったままにしていたのが良くなかったようです。喉の潤いが無くなったときに唾液を飲み込むと痛かったわけです。つまり骨はとれていても傷は残っておりしみたのです。つまり潤いがあるうちは平気だったわけです。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/28(月) 23:17:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手仕事 | ホーム | 河井寛次郎記念館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/136-3d26bc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する