ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

コム・ダビチュード

 先日久し振りに中目黒のビストロ・ミカミでランチをと勇んで向かったのですがお昼の営業はしなくなったと聞いて驚きました。あの店構えでランチをしないというのは珍しいし、強気だと思います。それでやむなく近くのコム・ダビチュードに向かいました。こちらの店も久し振りの訪問です。コースメニューは食べたい前菜と主菜の枚数で決まるという柔軟なもの。前菜、主菜ともに7種ほどだったように思います。前菜、主菜一枚ずつにしました。
ゴボウのスープ
コムダビごぼうスープ

 スープ皿にはゴボウのスープが入っているですが、真鯛のポワレが沈んでいます。その上に素揚げしたゴボウが載っています。相変わらず洗練された見事な皿です。この料理はイメージして作ったらしいのですが、ゴボウのスープをイメージするというのが驚きます。そもそも、見事なゴボウが手に入ったというところが出発点だったらしいのです。たしかにゴボウを主役としたレシピだとスープ以外はなかなか難しいかも知れません。

こだわり豚のコンフィ
コムダビ豚

 コンフィと言えば鶏、鴨だが豚というのは初めて。大変柔らかく仕上がった料理で口の中に入れるとたいした歯応えも無く消えるが如し。コンフィという調理法を用いるのは元々は保存の為だが、今では素材を柔らかくするためである。そういう意味からすると、豚のコンフィは柔らかすぎ、もしくは豚はコンフィに合わないように思う。鶏はコンフィで調理しても繊維がそれなりに残ってそれが得も言えぬ食感になります。これが鶏のコンフィの醍醐味です。でも豚は繊維の食感も無く、ただ柔らかくなるだけ。霜降りのように口の中に入れると溶けるような食感をお望みの方には受けるかも知れません。

 もちろん私の好みでは無いというだけで料理の完成度としては高いです。調味も良いですし付け合せの野菜の配し方も同様です。
この後、7種ほどからの選択でデセールと4種ほどの選択で飲み物。これで¥2800でサービス料はありませんでした。私はミネラルウォーターを頼んだのでこれに¥600プラスでした。驚いたのはミネラルウォーターの種類です。たしか、10種ほど在ったように思います。厨房はカウンターの奥で確か5人でこなしていたと思います。厨房が丸見えなので慌しさは見せられないとしても、この店の規模で5人は大所帯と思います。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/10(日) 22:04:17|
  2. 食(レストラン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インゴ・マウラー展 | ホーム | 購入したワインのコメントの印刷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/142-6391910f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する