ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

Teruzzi & Puthod(ヴェルナッチャ)

ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ種は
・フルーティさ
・確りした酸
・程よい苦味
・果実味、ボディの厚み
 このような特徴がある。これはワインの作り手によるのはあるが、それ以前に品種そのものが持っている特徴である。このような特徴をきちんと持っている品種はヴェルナッチャ以外に私は知らない。そういう意味でヴェルナッチャ種は白ワイン用ぶどう品種ではもっともバランスに長けた品種ではないかと思う。

ヴェルナッチャ

 テルッツィ&ピュトーのヴェルナッチャのワイン。近所のスーパーマーケットの試飲で見つけ、今まで無かったがと問うと、担当者はそうなんですよと言った。続けて、美味しいですよね、これからは定番になりますと言い、私の頬をほころばせた。

 果実味はそこそこ凝縮感を感じる。ボディの厚み、そして心地よい苦味。酸はやや強いが丸く、横ではなく縦に立つ。弾力を感じるこの酸がヴェルナッチャの特長である。少しハービシャスでアーモンドの香りが残る、しとやかでエレガントなヴェルナッチャ。

ワイン名:Vernaccia di San Gimignani
生産州:トスカーナ
生産者名:Teruzzi & Puthod
輸入業者:三国
スポンサーサイト
  1. 2007/01/11(木) 23:08:30|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヘンダーソン夫人の贈り物 | ホーム | シェヘラザード(リムスキー)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/182-8fbc5e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する