ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

トリビュート マイケル・ブレッカー

 白血病だということは知っていたのですが、活動を再開したので回復したとばかり思っていました。1/13に他界(57才)したとのことでとても残念なことです。

 以前ジャズフェスティバルでブレッカーブラザーズを観たのが一番印象的だったでしょうか。トランペットを吹く兄のランディーと勢いよく演っていました。サックスの第一人者でしたし、とても好きなミュージシャンでした。

 ジャズ喫茶なる形態の店がまだ街に点在していた頃、有名ジャズミュージシャンが亡くなると、そこでは故人を偲んで当日はずっとその人のレコードが流れたとのことです。そして、待ち合わせしたわけでもないのに常連たちが集まったとのことです。今ですと、喫茶店ではないですが新宿のDUG、CATがそれにあたるでしょうか。
 もうそんな時代ではないのかも知れません。昔はまずレコードが高価だったということがあり、自分で所持できなかったのでジャズ喫茶に行って聴いたのです。でも今では自分の部屋で気軽にCDが聴けるわけです。それに、今では有名ジャズミュージシャンは頻繁に来日してファンにとっては以前より身近な存在になっているように思います。昔は来日はなかなか叶わないですし、来たとしても東京止まりで地方まで回りません。ジャズ喫茶というのはそこに来る多くのお客にとってミュージシャンとの唯一の接点だったに違いありません。だからこそ、訃報を聞けば最後のお別れのために店に出向くのでしょう。そこには同じ想いの人がたくさんいます。まるで終日行っている音楽葬のお葬式みたいです。
ブレッカー

 ブレッカーを偲んでCATにでも行くのまた一興でしょう。でも仲間を集めてブレッカーのDVD鑑賞のほうが今風でしょうか。合掌。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/18(木) 23:14:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヴーヴレイ セック | ホーム | ヘンダーソン夫人の贈り物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/184-e7f6d27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する