ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

山口晃展 今度は武者絵だ!

山口晃

 練馬に山口晃の展覧会を観に行きました。この作家だとは知らなかったのですが最初に印象に残ったのが公共広告機構のCM「江戸しぐさ」でした。山口晃が描いている絵は江戸辺りの時代設定の水彩の日本画。そう見えますが基本的に油彩です。そして彼曰く絵に昔風のものは描いてあるが全て設定は現代とのことです。確かに六本木ヒルズもありました。
 誰もが最初にはっとするのは、乗っているのはオートバイのはずが、前方はハンドルではなく馬になっており手綱で操作している乗り物。なんだか機械と生き物のキメラのようです。もちろん馬に見えるものは本物の馬ではなく馬を模したものかもしれません。それから山車を使ったからくりの武器。ぱっと見と細部を良く観ると随分印象が違います。いろんな発見が出来るように埋め込んでいるとも言えます。まるで二つの良く似た絵の片方に埋め込んだ間違い探しみたいです。
 さて、展覧会の中に続・無残の介というシリーズ絵がありました。構成は漫画です。漫画のひとコマを一枚の絵にしたものです。観覧者は絵だけではなく文字も読んで進みます。絵はきちんと描かれておりストーリーも荒唐無稽なこともある漫画と較べればそれなり真面目なのですが、絵でこれを表現しているという感覚があるので思わず笑ってしまいます。クライマックス近くの山車からくりのところが特に私には受けました。
 この他には平安時代の絵巻物風の絵もありました。それから三越の広告もよかったです。

 束芋の浮世絵色使いもそうですがこういう日本の情緒を彷彿させる絵が受けているというのは喜ばしいことです。なんとなくですがそう思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/09(日) 11:47:42|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヴィオニエ(ラロッシュ) | ホーム | シャトー・デ・ロンテ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/262-87b5eed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する