ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

バーナード・リーチ展

バーナード・リーチ展

 バーナード・リーチ、彼の功績は彼の作成した作品を見ることだけではなく、やはり彼の為した行為を含めてなされるべきなのでしょう。イギリス人でありながら日本贔屓。知らなかったのですが幼少の頃日本に滞在していたとのこと。そんなことが日本に深く傾倒することにつながったのかもしれません。柳宗悦、河井寛次郎との交流は聞いていましたが小鹿田焼きなどの作品を見ると本当に当時の日本人達と交流があったのだと実感します。
 用の美である民藝を追求したからやむを得ないと言えるのでしょうか洗練とは違うデザインで、私の好みとは違うものです。素朴なそして、日本的でもなく西洋的でもないデザインにリーチの独自性を感じます。
 今回まで知らなかったのですが大阪のリーガロイヤルにリーチバーをデザインしたことは知りませんでした。今でも営業しているとのこと、大阪に寄った折には是非訪問したいものです。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/24(月) 14:51:49|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トマトの切れ味 | ホーム | 東海道線と横須賀線の関係>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/266-af18a9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する