ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

サン・サーンス(読売日響:ロジェストヴェンスキー)

 横浜でコンサートがあることは覚えていたのですが、演目をすっかり忘れていました。調べるとサン・サーンスのみ。調べて良かったことは予定演目のピアノ協奏曲が3番から2番に変更となっていました。

【この日の演目】
・誓いによる3つの交響的情景
・ピアノ協奏曲第2番
・交響曲第3番

 オーケストラは読売日響、指揮はロシア人、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー。76歳と円熟の極みでしょうか、少しテンポがゆっくりぎみでした。2曲目のピアノは奥様のヴィクトリア・ポストニコーワ。ピアノ協奏曲はルービン・シュタインで予習したせいか、ちょっと印象が良く無かったです。知らなかったのですが、この曲はルービンシュタインが作曲を依頼したとのこと。このときの条件で初演だけは自分(サン・サーンス)でするというのが面白いです。

 交響曲第3番ですが、テンポはやはり少しゆっくりめでした。第2楽章前半の弦の印象的なところはどうかなと心配したのですが、ここは普通のテンポでした。ロジェストヴェンスキーの指揮は穏やかで優しく、そして華麗です。ここが大切なのですが深みがあります。全く安心して聴くことが出来ます。安心しすぎて一曲目途中寝てしまいました。何てことでしょう。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/09(火) 19:07:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<爆笑問題のニッポンの教養 | ホーム | ランテルナ・マジカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/272-15c75198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する