ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

いのちの食べかた ( OUR DAILY BREAD )

いのちの食べかた


 作品の出来や評判にかかわらず私にとって観るべき映画があります。我々が普段口にする食べ物はどのように生まれ、どのような過程をへて市場に出るのか。そんなドキュメンタリー映画です。屠畜場で牛、豚、鶏、魚が生きている状態から大量に加工されていきます。聞いた話、そして、恐らくはこのようなと想像を働かせてみるも、やはり映像の力は大変なものです。まさに百聞は一見にしかず。想像と異なったのはそれほど機械やロボットが使われていなく人手が主体であるということ。力や速さが必要なところはさすがに機械ですが、要所要所ではやはり人間が関わっています。肉もそうですが、野菜も工場で生産している、そんな印象があります。人類が食を必要としているので大量生産しなければいけないことは分かっているのですがどうしても好きにはなれません。屠畜場で無表情に働く人たちを冷酷だと批判することはできないと思います。顔をそむけることはできるかもしれませんがこれは現実です。それに誰かがやらなければいけないことです。
 食事を始めるときいただきますと言いますが、それは感謝を伝えるためです。それは多くの場合は食事を作った人への感謝です。でも、素材そのものや神への感謝もあるでしょう。この映画を観た後、やはり素材への感謝について改めて考えてしまいました。
 これはまさに私にとって観るべき映画でした。少なくとも知っておくべき事実として。そして、私だけではなく多くの人に見て頂きたいし、教育としての鑑賞も望ましいように思います。

 最後に映画の作りについて。
 この映画はセリフがありません。インタビューも、ナレーションもありません。現場そのままをカメラで撮影したものが淡々と映像が流れるだけです。音楽さえありません。全く素気ないですが、やはり色をつけたくないというのが製作者の意図のようです。あとは鑑賞者が考えるだけです。考えるしかないのです。我々が食している素材について再度、もしかしたら初めて。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 00:04:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クロ・ロッシュ・ブランシュ ( ガメイ ) | ホーム | シベリウス交響曲第2番 ( ブロムシュテット )>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/307-8e78e6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する