ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

車を止める猫アイラ

 うちの娘(メス猫)に会うたびにどうしてもメスであることを忘れてしまいます。思わず「お前は」と言いかけて、「ああ、メスだったね」と自重してしまいます。寝そべっての上目遣いには大分慣れました。
アイラ上目使い

決まったところでやるのではなく、最近はいろんなところでこれをやります。目が合うと驚くと同時にその顔、表情に笑ってしまいます。そして、「お前は...」となるのです。行儀悪いのではありません。人を笑わせようとしているだけです。スコティッシュ・フォールドというのはそんな種のようです。先日久しぶりに会ったときは飼い主の親が来ていて、
 「この子はホント飽きないわ」と感心していました。さて、いろんなところでやるのはともかく、最近では家の前の道路でもやっているとのことです。そして、自動車を止めてしまうらしいです。しかも夜間もだそうです。これには飼い主も心配して、早急に反射するものの購入に同行しました。首輪だけでは心配なので犬用の上半身に付けるアクセサリーを買いました。それにしても猫が自動車を止めてしまうなんて聞いたことがありません。猫は車が接近してきたら一目散に逃げるものとばかり思っていました。確かにアイラは大人になるまで自動車を知らなかったのですが、それにしても自動車という巨大な物が近づいて来るのに動じないというのはちょっとどうかしているとしか思えません。止まってくれると信じているのでしょうか。肝が据わっているのでは決してありません。アイラは臆病ですから。 そういえば時折獲物と称してアイラは軍手を口にくわえて帰ってきていました。いつも、どこから拾って来たんだろうと飼い主は疑問に思っていたのです。先日、飼い主とその大家さんが外で談笑しているとアイラが例によって口に軍手をくわえて隣の大家さんの部屋から出て来たと言うのです。
大家さんは
「あら、どうも軍手が時々無くなると思ったら、アイラちゃんだったの」
それにしてもこれはシナリオがあるような謀ったような凄いタイミングです。登場人物もちゃんと揃っています。
 哀れ、虚を突かれた飼い主は笑うしかなかったようです。まあ、確かに魚をとるわけではなく、軍手ですから怒るほどではないのです。こういう演出がかった悪戯は私は大好きです。このような悪戯ならかかってみたいですね。
アイラ畳

やっぱり、アイラの計算付くでしょうか。
飼い主は言います。
「絶対そうよ」
スポンサーサイト
  1. 2008/05/01(木) 18:45:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラ・フォル・ジュルネ(フランク・ブラレイ) | ホーム | 今夜、列車は走る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/335-1bd2803d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する