ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

八高線の旅

 八王子と高崎を結ぶから八高線。前々から気になっていたローカル線でした。起点の八王子から乗ると電化されていました。ただ、この電車は途中駅の高麗川から川越線に入ります。高麗川からの八高線は非電化でようやくローカル線の風情です。ワンマンの表示の3両編成。驚いたことに席は3列です。
八高線

 東京近郊ですから本当に田舎と言うわけにはいかないですが、それでも茶畑の中の駅、無人駅、ログハウス風の駅、昔ながらの駅。風景は割と変化し飽きは来ませんでした。

 ローカル線の良さの一つはやはり、列車のスピードです。もちろん、カーブもそれなりにきついので速く走るわけにはいきません。それにしてもレールを敷くときに計算していたのではないかと思えるほどの揺れが心地よいです。ディーゼル車と言うのはその名の通りディーゼルエンジンで走ります。電車のモーターのように加速感が出るわけではありません。加減速と言う意味では滑らか。それから、ある程度のスピードが出るとギアをニュートラルにします。つまり惰性だけで走るわけで、この滑らかさが心地よいのです。そして、ニュートラルの静かさがあるので線路の継ぎ目を拾う音がリズミカルで気持ち良いのです。
 途中で下車することなく、高崎まで乗りました。手段として乗るのではなく、乗ること自体が目的のちょとした旅です。やっぱりディーゼルの旅は捨てがたいものがあります。
 途中7分停車の駅があったので、トイレのために車外、しかも改札の外にでました。でも終点の高崎で降りた時に気付いたのですが、列車にトイレがありました。しかも、車両毎に。運転時間は結構長いですのでそんなものかも知れません。なんてこった。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/13(火) 21:07:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オールドノリタケと懐かしの洋食器 | ホーム | モンテーニュ通りのカフェ(Fauteuils d'orchestre)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/340-9c9e5f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する