ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

モアリズム

 私は一度しか観ることができなかった伝説のバンドカリフラワーズ。解散したのち、元リーダーのナカムラが作ったユニットがモアリズム。カリフラワーズはブラスもあったのでファンクっぽいバンドでしたが、モアリズムはギター、ベース、ドラムの3人。ジャンル的にはブルースで、ソウルの要素もある感じです。ノリの良さはカリフラワーズから引き続いています。ナカムラのボーカルは健在です。もちろん、面白さも。でもここがとても重要です。この日ものっけから、
「メンバー紹介しなければ1曲余計にできるのは分かっているんですけどやめられないんです。業界初の超長いメンバー紹介です」と音楽に乗せてメンバーの生い立ちを語ります。これがまた面白い。今回のメンバーはどちらかと言うとそれまでは門外漢だったけど、今は音楽を演っているという極めて個性的なピストンとエスパーの2人。詳しくはナカムラ日記で探してください。
http://plaza.rakuten.co.jp/cauliflowers/
 ナカムラは途中のソロでギターを頭の後ろに持って行きアドリブをします。バンドのスタイルからするとこのようなパフォーマンスというか余興はとても合っているように思います。
 個人的にはもうちょっとファンクの要素が入った方が好み、つまりはカリフラワーズ時代の音の方が好きです。モアリズムのほうが本格的な音です。カリフラワーズは脱力系ファンクでしたから。別に脱力していたわけではないでしょうが、EW&Fなどの本物のファンクで育った身としては、あれがスタンダードになってしまったわけですので、それ以外は大きくは脱力系の括りになってしまいます。でもカリフラワーズは良い意味でゆるかったです。脱力というと聞こえが悪いですね。
 スタートしたばっかりのモアリズム、ブラス入んないかな。脱力系ファンクの存在は貴重だったと改めて思います。

渋谷Wasted Time 5/18
スポンサーサイト
  1. 2008/05/20(火) 23:47:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バウハウス・デッサウ展 | ホーム | オールドノリタケと懐かしの洋食器>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/344-3059d8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する