ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

間違いのような間違いでないDM

 銀座の松坂屋からワインフェアーのダイレクトメールが年に何度か来ます。秋が一番規模が大きいでしょうか。以前はその度毎に全てのアイテムをチェックし5本前後予約購入していました。でも今ではフェアー期間中に足を運んで眺め、気に入ったものがあれば購入する程度になりました。先月もダイレクトメールを受け取ったのですが、開けてみると以前のリーフレットではなくA3判を折り畳んだ形になっていました。たしか、大丸と経営統合したことですし、その影響なのだろうかと思いました。フェアー前に寄った時に改装されていたことに気付きました。ワイン売場に行くとなんと、ワインショップエノテカがありました。銀座の百貨店の中では一番のお気に入りだっただけに残念です。さて、それから数週間後ですが、ついでがあったので松坂屋によるとワインフェアーは開催されていませんでした。私は混乱しました。ひと月間違えた?本館ではなく別館?地下1階ではなく、8階の催事場?それとも、何かの理由で中止?入口の案内係に聞けばわかるのでしょうが、それじゃあ面白くありません。これを楽しまなければ損です。このとき案内のダイレクトメールを持って来ていればまだ、解決の糸口も開けたでしょうが、残念ながら持参していませんでした。結局いろんな推理をしたのですが、わからず終いで帰ったのです。帰ってDMを見ると「本店」にて開催とありました。確かに松坂屋は中京地区が本来のテリトリーですがまさか名古屋の本店の案内!?
 ダイレクトメールの案内には名古屋の文字は見当たらなかったですし、ホームページには本店がどこかを示していません。もしくは私が見つけられなかったか。

 総合的に判断すると、銀座店のワインコーナーは閉鎖しエノテカに任せる。ということは銀座店としてワインの案内を出すことができないので、ワイン顧客リストを本店に回した。それで東京の顧客に名古屋から案内が届いた。
 もちろんワインというのは重いですから、電話注文し、配達してもらうのでしたらどこでフェアを開催してもあまり変わらないです。でもなかには、ワインのボトルを実際に見て、つまりは検品してからでないと納得しないお客もいます。少なくとも私はそうです。過去に実際にNGを出したことがありました。このようなお客にとって売場に行けないワインフェアは意味がないです。
 それにしても、このDMは手違いで届いたのではなく意識して(たぶん)送ったというのが驚きです。私にとってはちょっとしたトワイライトゾーンに迷い込んだようで楽しかったですが来年からは必要としないものです。ようやくここまでたどり着いたら今日そのエノテカからDMが届きました。これも必要ないもの。欲しくもないDMを断るのがまた面倒。それにしても、銀座松坂屋がエノテカに情報を渡すのはいかがなものでしょうか。松坂屋銀座店としては良かれとの思いなのでしょうけど。


スポンサーサイト
  1. 2008/10/24(金) 23:16:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イデミ・スギノ(リヴィエラ) | ホーム | 横浜トリエンナーレ2008(2/2) タイム・クレヴァス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/381-636b65bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する