ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

イル・マンジャーレ(鵜野秀樹)

イルマン
 なじみのシェフが新しく店を出したのでオープニング・レセプションに行って来ました。麻布十番の駅から直ぐのビルの6階、またしても私のジョギングコースです。レセプションには100人は来ていたでしょうか。著名人もぽつぽつといました。
 この人の料理は100食は食べているでしょうか。一時期に集中的というより長きに渡りぽつぽつとです。
グッチーナ(三軒茶屋)
ドルチェ・ヴィータ(不動前)
ヴァン・ヴィーノ・ブリュレ(新宿)
バッチオ(六本木)
名前失念(原宿)
リストランテ・キオラ(麻布十番)
ボスケッタ(白金台)
 上記の店は最初以外はシェフという立場です。何故変わる?という疑問はここでは触れないようにします。ともかく店を変わるたびに電話連絡があり私は通うことになります。ドルチェ・ヴィータの頃が最高でした。それ以降料理の質が落ちたというわけではなく彼のやりたいことをやっていないと感じるからという意味です。リストランテ・キオラの頃から雑誌やテレビに出て知名度は大変上がりましたが雇われゆえコース料理のみ。これが私にとってのネックでした。だからボスケッタなどは行ったのは一度きりでした。でも今度のイル・マンジャーレはアラカルトもあるようです。お昼の営業するようですし本当に楽しみです。新しいから楽しみなのではなくて料理についてどうだったか話すことができるから楽しみなのです。彼の料理についてレビュし伝えることは我々にとっての愉しみなのですから。

「どうすか、今日のは?」
「言わなかったっけ?パスタは日本のアルデンテではなく、イタリアのアルデンテでいいって。俺は硬過ぎるってクレームは言わないから」
「そうっすよね」

il mangiare 12/22~
麻布十番1-9-2ユニマットビル6F
03-6459-1577
スポンサーサイト
  1. 2008/12/20(土) 23:39:06|
  2. 食(レストラン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャイコフスキー第5番(N響:デュトワ) | ホーム | ユジャ・ワン(パガニーニの主題による狂詩曲)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/396-7d22690d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する