ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

石田徹也-僕たちの自画像-展

石田徹也
 展覧会があったら是非行きたいと考えていた画家です。本人は既に他界していますから、展覧会が開かれるタイミングはなかなかないと考えていました。でも、11月から練馬で開かれていることを運良く聞きつけました。

 石田の絵には殆ど石田が登場します。自画像と言えば自画像なのでしょうが、絵の中のストーリーの登場人物が石田に似ていると言ったほうが良いでしょう。皮肉、冷笑、アイロニー、シニカル、そんな言葉を連想させる絵たちです。だから誰かに似ているというのはちょっとまずいと考えたのかもしれません。自分を描けば誰にも似ていないから安全。
 世の中を風刺したり、皮肉ったりで、メッセージを感じる絵ばかりです。ただ、後半は自分からこうだというメッセージを言うのではなく、鑑賞者に任せるという画風に変わっています。実物の絵を観るのは初めてですが驚いたのはその大きさです。描かれている絵は現実世界に織り込んだ非現実世界ですが、そこにリアリティをだそうとしたから大きな絵にしたのではないかと考えました。カンバス2枚で1セットというものも多くありました。
 独特の世界観を体験したいという願いはようやくかないました。

練馬区立美術館~12/28
スポンサーサイト
  1. 2008/12/24(水) 21:59:29|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上原ひろみ(ビヨンド・スタンダード日本ツアー) | ホーム | チャイコフスキー第5番(N響:デュトワ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/399-e72af40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する