ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

アニエスの浜辺

アニエスの浜辺

 評判は兎も角、観なきゃだめな映画と言うのが私には多いです。このアニエスの浜辺もそうです。アニエスと聞いたときもしかしたら、アニエス・ヴァルダのことかもと調べたらそうでした。しかもこれは自伝的な映画とのことでした。
 私にとってアニエス・ヴァルダは「5時から7時までのクレオ」です。ヌーベル・ヴァーグばかり観ていた頃がありました。ゴダールは凄いと思いますが、一番嵌ったのはクロード・シャブロルの「いとこ同士」、それにヴァルダの「5時から7時までのクレオ」です。特にルグランが歌の指導をしているシーンがお気に入りでした。「アニエスv.によるジェーンb.」も観ましたが何れの作品も映像が瑞々しいです。その印象は81歳の今もって健在でした。
 映画はヴァルダ自身が彼女の人生を語ります。過去の出来事を時折再現します。それはおちゃめにだったり、皮肉っぽくだったりです。その使い方がとても贅沢です。それはどれも美意識が高いものです。高い芸術性なのに映像は瑞々しく、そして軽やか。自伝なので映画の出来云々はこれ以上言わないようにします。とにかく記念、記録みたいな風にとらえようと思います。

~12/4 岩波ホール
スポンサーサイト
  1. 2009/10/28(水) 21:35:46|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パガニーニの主題による狂詩曲 ( 上原彩子 ) | ホーム | アイ・ウェイウェイ展-何に因って?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/465-bb2482b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する