ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

アルボワ・ピュピラン ( ボールナール )

ボールナールピノ

 懇意にしてもらっている大田区の酒屋。先月同じ生産者のを3本購入しました。それぞれ品種が異なるものです。そのとき、蝋封がきちんとしていないものが1本あったので代えたのです。私は気にしないと言ったのですが、店主が代えました。それが間違いの元だったのです。帰って確認すると同じ品種が2本。やれやれと思うものの、どちらかというと飲んだ後もう1本飲みたいと思うようなものかも知れないと思ったのです。つまり飲んだ時の感想が前倒しで現れているとの想像です。欠品分だけ追加で頼もうかとも思ったのですが、結局最初の注文通りにデリバリしました。そして、週末開けたのですが、やはりあれは梱包間違いであって間違いではなかったのです。

 これはジュラのワインです。ジュラはマイナーな生産地ですが、品質はなかなか良いものがあります。価格もマイナーな割りに安くはありません。もちろん秀逸な生産者ということもあるます。

【コメント】
 とにかく前面にクルミ、クルミ。ピノ・ノワールだからベリーの香りを探すが見つからない。アフターに少し香りを、そして、味わいに仄かに感じる。細かいタンニンが気がつくと口中にびっしり。いくら分析しようとしてもなかなか形容できないワインというのは凄いものだ。のどにするりと入るこの感覚こそが本当に美味しい、そして真っ当さの証しなのだ。優しくたおやかさを感じるすこぶる素晴らしいワイン。¥3300位。

 このワインは淡い印象もあるが実は芯が確りしているいるので幅広い料理に適応できるように思う。鶏肉、牛肉、ソースによっては豚肉も。この日はエメンタールチーズに合わせた。

ワイン名:2006 Arbois Pupillin Pinot Noir l'Aide-Memoire
原産地呼称:A.C.Arbois Pupillin
生産者名:ドメーヌ ボールナール
輸入業者:ヴァンクゥール



スポンサーサイト
  1. 2009/11/16(月) 22:20:41|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第29回つくばマラソン | ホーム | リンゴが教えてくれたこと(木村秋則)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/468-e1e25fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する