ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

柴田是真の漆×絵

 芸術家の作品を鑑賞しての感想としてはいろいろな表現があると思います。もちろん、とても良かった場合の話です。例えばラファエロやミケランジェロなら「圧倒的」、デュフィなら「心躍る」、ドガなら「酔いしれる」、大竹伸朗なら「まいったなあ」など。
 私が是真の作品を観るにつけ思ったのは「笑わせてくれる」そして「粋な」でした。もちろん圧倒的な技術があるから欺くことができるのです。そして、騙されたことに気付いた本人の表情を見て是真はきっとほくそ笑んだに違いないのです。そして、だまされた方も是真に対してニヤリと返す。

 是真は日本画も描きますがやはり蒔絵、漆絵で名を成した作家です。幼少から工芸に携わったせいか、デザインのバランス感覚が大変素晴らしいです。計算された見事さというより、感覚的に整った見事さといったらよいでしょうか。溜息が出る完璧さというより、その場を離れられない惹きつけを感じました。一見ありふれたデザインに見えるのですが良く見ると妙に惹かれる不思議さ。是非ともそこまではいって見て欲しいものです。

 しかしながら是真の真骨頂は素材を偽った表現でしょう。素材として木を使って金属に見せている作品。和紙に漆を塗って紫檀に見せている作品など、近づいて見てもそのようにしか見えない騙しばかり。やるならとことんまでという精神が見て取れます。芸術作品の要素として「騙し」がそれほど重要かと思うのですが、そんなこと考えている鑑賞者自体を是真は笑い飛ばすことでしょう。この突き抜けこそ、私は「笑わせてくれる」を感じたのです。本当に見事な作品群です。どうしてそれほど有名でないのか?それは恐らくそのへんに理由があるのではないかと思います。それともこれから人気が出るのでしょうか。
是真
それにしても入場チケットのデザインは正しい。

三井記念美術館 ~2/7

スポンサーサイト
  1. 2010/01/27(水) 00:02:35|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木田安彦の世界 | ホーム | 断面の世代 (束芋)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/481-4e039714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する