ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ラ・フォル・ジュルネ2010(ベレゾフスキー)

ラフォルジュルネ2010
 GW中はどこに行っても混むだろうからと東京を出ないことに決めて毎年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンを観ています。今年はショパンがテーマだそうです。
5/2で選んだのはボリス・ベレゾフスキーです。演目はリストとショパン。

リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調
リスト:メフィスト・ワルツ第1番
ショパン:ワルツ 変イ長調 op.42

 演奏時間からすると、演目はリストでアンコールがショパンという感じでしょうか。緊張感溢れるリスト。本編が終わった後のリラックスしたショパン。

リストというのはやはり視覚を伴って聴きたい作曲家です。難曲を超絶技巧で弾きこなす様を是非とも見たいです。ベレゾフスキーは見事に弾きこなしていました。ただ、音が硬質な印象でした。鋼やクリスタルの印象。打鍵が強く、しかも速かったので音に納得もできました。長時間だと聴き疲れはしますが並大抵のテクニックで出せる音ではありません。華麗にというより、マッスルだけどクールにという感じ。ところで、リストのピアノ・ソナタの演奏時間ですが、時計を見ると25分。あれ?ちょっと!短いのは何故?やはりテンポ速かったんだ。

5/2 9:30-10:15 東京国際フォーラム
スポンサーサイト
  1. 2010/05/02(日) 23:45:27|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラ・フォル・ジュルネ2010(ショパンの葬儀再現) | ホーム | シャトー・オー・グリニョン 2006>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/501-4f4d8a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する