ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

スタンリー・クラーク・トリオwith上原ひろみ、レニー・ホワイト(オーチャードホール)

 音楽活動を始めた頃から自分名義のバンドでライブを行ってきた上原ひろみ。最近はソロやチック・コリアとデュオを行ったりですが、今回はスタンリー・クラーク、レニー・ホワイトとのトリオ。演奏はスタンダードジャズ。いろいろな経験をすることはどんな人においても良いことですが、才能あるアーティストはやらなければいけないことだと思います。ジャズの巨匠である、ハービー・ハンコックやチック・コリアもいろんな音楽を時には並行して行ったりしました。そもそも才能をもてあますのでしょう。

 それにしても、いきなりビッグネームとの共演。上原の実力からすれば力量不足は感じられません。スタンリーとレニーのベテラン2人も若い才能に触れるといのは幸せなことでしょう。

 最初はなんとセロニアス・モンクの「I MEAN YOU」でした。いつものことですが最初から上原は全速力。毎回一曲目は凄いですが、この日のアドリブも凄かったです。短いリフを繰り返し、スタンリーとユニゾンだったとき、「ああ何回やるのかなあ。見せ所だ」と思ったら延々繰り返します。レコードの針が飛んで繰り返し状態になって観客が不安になりどよめいて暫くして、いきなり2人でブレイク。リズムで裏を取ったり、音的に裏を取ったりで今までのアドリブとは同じではないです。いつも違うというところが上原の凄いところ。
 2曲目のアドリブも演奏にブレイクを連発。速いパッセージに無理やり4分休符を入れると言ったら良いでしょうか。聴いている方は抜けたパッセージを探す感じです。これがマゾヒスティックでたまりません。こういうのはブレイクのタイミングの入れ方が難しいのではと思いつつ、きっと上原は感覚的にやっているでしょう。この曲から既に上原は憑依状態でのアドリブ。リターン・トゥー・フォーエバーの曲でのアドリブはサルサ風でした。これもめちゃくちゃカッコよかった。

 スタンリーのアコースティック・ベースの演奏も早弾きで凄かったです。弦だけではなくベースのボディも楽器として叩いたり。弓で弾いたり。そして、アンコールではエレキベースに持ち替え。
 今回フォー・ビートのアルバムでしたから、ライブはあまり盛り上がらないのかなあと思い友人も誘わなかったのですが、今までで一番盛り上がったライブでした。アンコールが終わり会場が明るくなって終演のアナウンスが流れても観客はほぼ全員立って拍手していました。終演アナウンスのたびにそれをかき消す声援。こんなのってなかなかないです。

上原のブログでは自身が以下のコメントを記していました。

「すごい熱気のお客さんでした。細胞が興奮しました。」

2010.12.3 渋谷オーチャードホール

スポンサーサイト
  1. 2010/12/04(土) 20:37:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東福寺 (龍吟庵) | ホーム | バッハ ミサ曲 ロ短調 (アーノンクール:NHK音楽祭)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/544-ffddad1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する