ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

バナナグラタンの作り方

バナナグラタン

 最近巷でグラタン料理を見かけません。ドリアに至ってはもっと見かけないです。そんな世間の流行はともかくバナナグラタンは大学時代にときおり行っていた店にあったメニュー。興味本位で頼んだら思いのほか美味しかったのです。果物が料理の中に入っているというのは慣れないと少し抵抗があるのは私も認めるところです。因みに一般世間のバナナグラタンはデザートのようですが、ここでは料理として紹介します。
 そもそもグラタンというのはベシャメルソースの滑らかさ、それにチーズの粘り気のコントラスト。そして、中に入っている具を楽しむというものです。マカロニなどのパスタを使えば歯応えが加わります。バナナはベシャメルソースの中に甘味が入り込むという構図です。

【2人分】
材料:バター30g、小麦粉30g、牛乳(600cc)、玉ねぎ(小1/4個)、キノコ(適量)、シュガースポットが出たバナナ(1/2本)、グリュイエールチーズ(30g)、塩(適量)、コショウ(適量)

1.鍋にバターを入れ弱火で溶かす。
2.小麦粉をストレーナーなどで漉しバターに溶かし込む。
3.別の鍋で温めた牛乳を徐々に入れてソースを伸ばす。
4.牛乳を入れ終わったらきちんと塩で味を締める。ここが肝心です。入れすぎはだめですが足りないのもいけません。コショウは好みで。
5.フライパンにバター(分量外)を入れて微塵切りにした玉ねぎをしんなりするまで弱火で炒める。
6.フライパンにキノコ(今回はシメジ)入れて塩を振り軽く色付くまで炒める。
7.マカロニなどのパスタを別の鍋で硬めに茹でる。
8.ベシャメルソースの鍋に茹でたパスタを入れて2分ほど馴染ませる。その後フライパンの具材をいれる。
9.これをグラタン皿にいれる。その上にバナナを載せスライスしたグリュイエルチーズを満遍なく載せて上部をアルミホイルでカバーする。
10.この状態で220度のオーブンに10分。このくらいでバナナは形は残したままほぼ溶けた状態になるでしょう。
11.最後にアルミホイルを取り除き焦げ目をつける。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 23:01:42|
  2. 食(レシピ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<養老天命反転地 | ホーム | ファレリオ・ディ・コッリ・アスコラーニ(カルミヌッチ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/561-40963dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する