ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

自分にできること(東北地方太平洋沖地震)

 人間普段とは異なることが起こったときにその人となりが現れやすいものである。昨日(2011.03.11)の地震発生時は職場にいました。3度の大きな揺れの度に屋外に避難を繰り返し、今日は帰れそうにないかもしれないと思ったのです。この日、私は東京郊外の交通手段としてはJR中央線に依存した場所にいたのがその理由です。仕事は定時に終えてもJRが動いていないのでとにかく情報収集に努めました。自分がいる位置の周りの交通機関とその運行情報。そんなことをしているとJRがこの日の運転再開断念を早々と決定。それが7時過ぎだったでしょうか。路線バスを乗り継いで都心までというのを探し出したのですが、それが8時過ぎ。いつまで動いているか分からないし道路状況もわからないのでこれも断念。結局職場に翌日までいる覚悟をして、食料の調達をしてのんびり過ごしていたのですが11時辺りで京王線が運転再開とわかりました。しかし、いつまで動いてくれるのかの情報がないので帰宅の決断ができませんでした。でも冷静に考えるとこの状況で通常の時間帯の終電があるのはどう考えてもおかしいと判断し職場を後にしました。京王線の駅に向かうと同僚に伝えると、「あの駅って歩ける距離なの?」と言うではありませんか。もちろん1時間ほどかかるでしょうが彼の頭には歩いてというのは想像の範囲外なのでしょう。
 建物を出て歩いて駅に向かうとすぐに空車のタクシーが来ました。それに乗りやや渋滞気味の道を30分程で駅へ。時間は12時過ぎ。駅には新宿からの電車。そして、新宿方面のホームには人もいます。

行き先表示板には時刻、行き先ともに表示なしです。
東北地方地震1

 鈍行の運転しかなくそれで明大前まで行きました。そこで京王の係員数人が乗り換えの案内を声高にし、両手を広げてロープ変わりにして乗客を誘導します。身体を張った仕事振りに感動。さて井の頭線のホームでは渋谷方面の電車が行ったばかり。次の電車が来るのを待つ間、ホームの係員が「次の電車はただいま○○駅です」と5つ手前位から一駅毎にずっと生の声でアナウンスします。どこから情報が入っているのかと不思議でしたが、この状況下で最も大切なのは乗客の不安を取り除くこと。それをきっちり行っていたのは好感が持てました。

1:20で渋谷方面はこの混みよう。
東北地方地震2

渋谷に無事着くと、やはりというか混んでいました。改札を考えも無しに開けるのではなく、改札前でロープを張って整列させて制限をかけていました。

整列は京王の社員だけではなく警察官も行っていました。ロープを使って列を折り返しているのがわかります。
東北地方地震3

 そこから東京メトロに乗ろうと渋谷駅を歩くと構内では数メートル間隔で帰宅をあきらめた人達(?)が座り込んでいました。これは写真には撮れませんでした。

 その人達に対して何もしてあげられない私は東京メトロに乗らずに東急に乗り+αで何とか自宅の駅まで着くことができました。帰宅の決断をして2時間。通勤時間に30分追加程度ですんだのはありがたいことでした。残念ながら駅近くのコンビニでは手をかける必要のない食料と呼べるものはほぼありませんでした。

 今回思ったのは多くの人が困っているときに自分が何ができるのかということ。政府がやるべきは災害対策本部。でも民間の場合はどちらかというと何ができるかを考えることを実感しました。それは企業というレベルでも一社員としてもです。だから私鉄が終日運転の判断をしたのは嬉しかった。それまで7時間ほど止まっていたので当たり前という見方もありましょうが。

やれることで今回思ったのは

自治体などの避難場所、駅近くの個人の飲食店の開放
ビックカメラが携帯電話の充電器を無料開放
一部の自販機による飲料の無料提供
グーグルが「Person Finder (消息情報): 2011 日本地震」を公開

 調べればたくさんあるでしょう。ここ最近日本は大きな地震を経験しその時自分に何ができるかを考える訓練みたいなものがなされたのかも知れません。そしてボランティアの精神が以前より浸透したように思います。今一度考えるは自分には何ができるかでしょう。例えば自販機による飲料の無料提供を前にして自分には必要ないなら、本当に必要な人に届くように「それを手に取らない」ということもできることのひとつだと思うのです。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/12(土) 12:50:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<きことわ(朝吹真理子) | ホーム | ユジャ・ワン ピアノ・リサイタル(紀尾井ホール)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/566-6ca7380a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する