ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

シャルロパン・パリゾのテイスティング

シャルロパン


 久しぶりの六本木ヒルズエノテカの週末特別味見です。珍重されているシャルロパン・パリゾです。私は初めて出会いました。
2002年クロ・サン・ドニは¥2,310
 リーデルのキャンティ・クラシコのグラスに注がれて出てきたので、ブルゴーニュグラスに移し替えてもらいました。シャルロパンをキャンティ・クラシコグラスで飲むのはバチがあたりそうです。それにヴィノム・シリーズのブルゴーニュグラスはまさにグランクリュを飲むに適したグラスなのですから。
 ひと嗅ぎでコート・ド・ニュイの特級を認識できるブーケが素晴らしい。ニュイの特級なんて飲むのは久しぶりなので細胞が眠りから覚めるようです。青や黒系のベリー系の香りがし、酸は純粋さを感じます。それに体躯も確りしています。硬さ、閉じた感じではないですが、まだ深い眠りの中のようです。今飲んで美味しいのですけど、ちょっともったいないです。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/21(土) 20:40:47|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マーラー交響曲第2番 復活 | ホーム | 「美味しい」の構造学(2/2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/58-15b43db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する