ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

プロコフィエフ バイオリン協奏曲第2番 (神尾真由子)

 神尾真由子は私にとって不思議なヴァイオリニストである。サラ・チャンのように指の動きを越えた音楽性、庄司紗矢香のような安定した音でもない。実はさして好みの演奏ではないのだがどうしても音に惹かれるのです。最初に彼女のチャイコフスキーを聴いたときもそう思ったが神尾は神尾の世界観を作っているのだろう。世界観と言えば五島みどりである。私は五島の世界観はどうしても好きになれない。それはともかくあそこまで独自の世界観ではないが神尾も彼女の世界を作り上げていると思う。意識しているかいなかは別としてである。

 この日のプロコフィエフのバイオリン協奏曲第2番は観客の反応はそれなりだったのだが私は大変受けた。この演奏でブラボーの声が掛からないのが不思議だった。曲自体に魅力が足りないからというのはあるかもしれません。でも曲の魅力を演奏が補う、もしくは曲のイメージを変える程の演奏をするというのはまさに演奏家冥利だと思うのです。

2011.06.08サントリーホール N響(放送NHK BS 2011.08.21)

スポンサーサイト
  1. 2011/08/21(日) 20:53:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シンセシス 名和晃平 | ホーム | 双葉(味噌カツ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/591-3b910874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する