ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

平成中村座 小笠原騒動

平成中村座
 小笠原騒動は暫く上演されていなかったらしく、1999年南座で復活上演したらしいです。暫く上演されていなかったのが不思議なくらい面白い演目だと思います。
 九州豊前の小笠原家で実際にあった騒動を元にしたもので善人、悪人が入り乱れてのまさに騒動という表現がぴったりでした。

 この演目での主役は岡田良助/林帯刀 中村橋之助と犬神兵部/飛脚小平次 中村勘九郎です。 なかなかさまになっていて引っ張り込まれました。勘三郎は小笠原遠江守役で、終わりがけに少しの出番でした。

 さて、歌舞伎と言うのは一般に敷居が高いと思われがちです。歌舞伎ほど観客と一体になろうとしている娯楽も少ないです。サッカーはサポーターが近づくしかないです。歌舞伎は掛け声など客側から近づくこともできますが、演者から近づくこともできますし、実際この日の公演でも何度もそういう場面がありました。
 暗い夜道を明りを持って男が女を先導する場面では、「大きな道(花道)ではなく、こっちの細い道を行きましょう」と客席に降りました。
 水車が回る立ち回りでは立ち回りの2人が水を掛けうのですが、ときおり観客席に水を掛けます。前の方の客には事前に合羽が配布されていました。

 江戸時代、歌舞伎というのは観に行くことが一大イベントというわけではなく庶民の娯楽でもっと気軽なものだったのです。現代の歌舞伎の演者が客に歩み寄るというのはその流れが続いていると見てよいのだろうと思います。伝統芸能のなかで歌舞伎が一番自由。時代に合わせて変わったからこそ今でも人気を保っているのだと思います。

 それにして花道で大きな梯子を使った曲芸まがいの立ち回りはビックリしました。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/22(日) 11:14:45|
  2. アート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<2002 サントネ ルイ・ラトゥール | ホーム | ラ・カスケット (初台)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/632-c5c52170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【平成中村座 小笠原騒動】

 小笠原騒動は暫く上演されていなかったらしく、1999年南座で復活上演したらしいです。暫く上演されていなかったのが不思議なくらい面白い演目だと思います。 九州豊前の小笠原家で実際にあった騒動を元にしたもので善人、悪人が入り乱れてのまさに騒動という表現がぴっ...
  1. 2012/05/12(土) 02:53:54 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する