ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ZESHIN 柴田是真の漆工・漆絵・絵画

柴田是真根津美術館

 柴田是真の展覧会は2年振りです。前回は三井記念美術館でした。今回は根津美術館だったのですが、NHKの番組で紹介されていたせいか割と混みあっていました。

 前回もそうでしたが、私が是真を観るのは彼がみせる騙しです。もちろん、正統的な蒔絵、螺鈿、絵画も本当に素晴らしいものばかりです。でも、やはり、極め切ったあとに彼がみせる、素材の騙しの技量と感性には溜息がでます。

 一見すると小さな陶器のお茶入れ。陶器の地肌と釉薬のたれもあります。でもそれは竹製で陶器のように見せているだけ。使う人が手にとってその軽さに初めて陶器ではないことに気付く。ほくそ笑むのは作者。
 全体に一様に錆びついた大きなお皿。でも良く見ると錆は描かれたもの。
 木目の綺麗な小さな箱。その箱は紙製でそこに漆を塗り木目を描いたもの。
 そして、最大の騙しは紫檀に描かれた梅の花。実は紙に紫檀を描いたもの。額の質感は本物にしか見えません。何故、そこまでする!?

 是真は明治の人。きっと江戸の粋を受け継いだのでしょう。江戸の粋である露骨では無い感覚が漆の表現に表れたのだと思います。それにしても、是真さん粋です。

 是真曰く、西洋の油絵は久しきに耐えるといっても数十年。けれども、わが漆器は古物を見ても剥落摩滅したものはない。漆を絵画同様に表現できれば、すばらしいではないか。
 残るべき芸術レベルとの自負があっての言葉です。

根津美術館~12/16
スポンサーサイト
  1. 2012/12/09(日) 19:22:33|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Sessanta Passi(マラミエーロ) | ホーム | 尊厳の芸術>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/657-3bd5b7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する