ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ヴァンピックル

ヴァンピックル
 フレンチ串焼きだからとずっと敬遠していたのですが間違いでした。もちろん、皿を彩るソースはありません。でもそこには素材の良さをそのまま引き出した炭火焼という調理法がありました。日本で炭火と言えば、焼き鳥、焼き肉程度。要は肉が小さい、もしくは薄いのです。日本には肉を塊りのまま火を入れるという文化が無いので炭火でも塊り肉はないのでしょう。肉が薄くともガスよりは美味しいかもしれませんが、炭火の遠赤外線の効果を生かすなら塊り肉でしょう、とこの日を境に思ってしまいました。その美味しさに驚きました。それにしても本当に炭火のせいなのでしょうか。他の炭火焼店でも試したくなりました。そう言えば、星条旗通りのテラウチが閉店してました。
 ワインはフランス産ばかりです。銘柄のところにアルファベットが3種書かれてありました。確か、ヴァン・ナチュール、ビオディナミ、ビオロジックだったと思います。見ると全部どれかが書かれています。しかし、ボルドーのページは空白でした。確かにボルドーでビオって聞かないです。ワインの数とセレクトはとても好感のもてるものでした。
 カウンターで炭火調理のライヴ感を楽しむのがこの店のまっとうな愉しみ方でしょう。店内はお客の賑やかな声が程良いBGMでした。写真はこの店のスペシャリティの吉田豚です。あと、アナゴの炭火焼が美味しかったです。もっと早く訪れるべきでした。訪問したのは丸の内店ですが、銀座にもあります。知らなかったのですがオザミ系列の店だったのですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/11(土) 09:56:34|
  2. 食(レストラン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牧野邦夫 写実の精髄展 | ホーム | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013(5/5)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/682-95e6796e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する