ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて

ミッション宇宙芸術3
 空想的というより現実的な宇宙を芸術に取り込むという展覧会です。「パンフレットに21世紀最初の10年が過ぎ、」と言うリアリスティックな表現がありました。続いて「研究開発の進むリアルな宇宙と、アーティストの表現としての内的宇宙は、パラレルワールドとして急速に拡張/集束しつつあります。」かっこいいコメントです。

[夢幻宇宙/大平貴之]
 1千万個の星を映し出すスーパープラネタリウム。残念ながら投射は四角い部屋です。部屋の真ん中に投射機が設置されて天井と壁と床に星々が映し出されます。部屋いっぱいにカーペットが敷かれ鑑賞者は靴を脱いで寝転んで眺めます。星の数が尋常でないです。星雲も結構有ります。投射機以外にも壁にプロジェクターが2つ設置されてオーロラなどを重ねて映し出します。これ結構飽きないです。

[Fullness of Emptiness Integral/逢坂卓郎]
 床に方眼間隔に青いライトが設置された暗い部屋。宇宙線とガンマ線を検知するとその青い光が消える仕組み。見えないものを視覚化する試みの作品です。私はその青色のせいで瞬きすると赤い光が残像として見えました。

[憑依する滝、人工衛星の重力/チームラボ]
ミッション宇宙芸術2
 実物大の人工衛星の模型に高さ19mの滝をCGで落とす。本来無重力の空間にいる人工衛星に重力を与える試みの作品。私は人工衛星もCGと勘違いしました。

[スペースダンス・イン・ザ・チューブ/福原哲郎&東京スペースダンス]
ミッション宇宙芸術1
 水着などに使用される弾力性のある布地が吊ってあります。人が入ると無重力のような状態を体験できるというもの。子供はそれなりに大丈夫ですが、大人は布地の接地面が出来るだけ多くなるようにしないと床に足が付いてしまいます。

作品の多くが撮影可(携帯電話のカメラのみ)でした。
~2014.08.31 東京現代美術館
スポンサーサイト
  1. 2014/07/12(土) 11:06:43|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サン・サルヴァトーレ(アリアニコ カンパーニャ) | ホーム | ボビー・ウーマック死去>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/734-5b261282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する