ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

自然堂(下野誠一郎)

自然堂
 毎日、瞑想しています。そして、ほぼ毎回気持ちよくなるので、空に繋がっているとは思います。でも、他のその類いがやはり気になります。昨日の大陽寺の座禅もそのひとつ。そして、今日は神門瞑想と自然(じねん)です。神門とは耳の上の方にあるつぼの名前です。とても、重要なつぼだけど語られることが少なかったようです。神門をキュッキュッと刺激して、心を落ち着かせるだけ。程なく瞑想状態になります。実にその時、身体の代謝が20%落ちるらしいです。因みに睡眠で5%減です。

 神保町にある自然堂のあるマンションのエレベータに乗り込むと、一緒に駆け込む人。あ、主催者の下野さんだ。自然堂は作業場所で実際には他の場所に住んでいるようで、この日は寝坊したようです。スピリチュアル関係のお仕事している人が都会のど真ん中でコンクリートに囲まれて生活しているとは思えなかったので少し安心です。
 この日の参加者は15人位。最初、空の説明から。言葉での説明を少しした後は実際に参加者を被験者に使ってのデモンストレーション。みんな、「えー」「ホントだ」「はー」と実感。初心者に空なんて説明のしようがないのだから、実際の行為で実感してもらうというのは効果的です。
 さて、次に神門瞑想ですが、その前に神門の重要性と神門を使ってのマッサージ法の説明。回数はどれも3回。やるなら3回か7回だそうです。3回を3セットが一番わかり易いです。回数には意味があって、適当ではないです。3拍子というのが心の深い部分に訴えるというのも同じことです。意味合いはそういうことです。気を活性化させるトレーニングを2人一組で行ったのです。相手の手が肩に触れているとき触れている箇所が熱く感じました。相手の体温が高いのでそう感じるものとばかり思って、終わった後に相手の手を触れると、私の体温より低いのです。気の強い人を知っていますがこんなに熱くはなりません。まずはこれに驚きです。
 本題の神門瞑想ですが導入は右手を頭の上から回して左耳の神門を3度引っ張る。そして、逆側も同様。このあと、(比喩的に)眼の玉をころんと心に落とす。つまり思考を落す。これだけ?これで瞑想状態に入ったの?という感じが続きます。疑いの気持ちがあるので雑念が出ましたが、静寂の中で徐々に心が平安に。そして、気が遠くなりかけます。気持ち良い感じにはならなりませんでした。しかし、目を覚ましたとき、手のひらに痺れがあり、やっぱり瞑想状態だったのだと気付きました。痺れは血の巡りが滞っていたからです。この瞑想の付きものです。瞑想から覚めるには丹田呼吸をして代謝を促し、痺れがあるときはさすったりします。目覚めた後に代謝を上げないと瞑想から抜けない(?)ので危険なようです。丹田呼吸さえすれば良いようです。丹田呼吸とは丹田を意識して丹田から息を吸い込むように鼻から。吐くのも丹田方向へ口から。深く長く行います。
 つぎは自然。これは立って目を閉じ(比喩的に)眼の玉(思考)をころんと心に落とす。これだけ。私は最初の被験者として下野氏に前に立たされ言われるがままにすると、思考が無くなり、次に身体の輪郭の感覚が無くなり、なんと「意識」だけになりました。驚きです。この感覚は誰にも説明つかないです。みんなの言う通り、体験した人しかわからないわけです。そのあと、他の人とのワークでは誰かがいるという感じがなくなり繋がっているという感覚になりました。人の声はリアルにちゃんと聞こえるのにちゃんと繋がっていると言う感覚があるのです。人が繋がっているのではなく、エネルギーが繋がっている感覚です。これは下野氏の表現ではなく誰からともなくそんな表現をしたら、「そうそう」と言うこたえ。みんなそう感じていたんです。
 自然は誰でも伝授できるとのこと。中には難しいのもあるかもしれませんが、瞑想というのは修行して習得するものではないので、伝授は誰にも出来るのでしょう。そもそも、人間と言うのは空と繋がっており、それを忘れているだけなんですから。
 「写真とかばんばん撮ってFacebookとか載っけちゃっていいから。宣伝しといて。」とは下野氏の言葉。面白い人です。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/15(月) 21:35:17|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<五木田智央 TOMOO GOKITA THE GREAT CIRCUS | ホーム | 大陽寺(奥秩父)>>

コメント

自然ご感想

自然のホームページへご感想を掲載せていただきました!これからも自然をよろしくお願いいたします!
  1. 2016/02/06(土) 19:36:53 |
  2. URL |
  3. 自然ウェブ担当 #weuwMN/s
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/743-b3bc8e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する