ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

五木田智央 TOMOO GOKITA THE GREAT CIRCUS

 千葉県佐倉市にあるDIC川村記念美術館を訪問しました。JR佐倉駅から無料の送迎バスで20分。DICとは大日本インキ、川村は創業者の名前です。広大な敷地には研究所、スポーツ施設、大きな池、良く手入れされた木々に芝生。そして、創業家が所有している絵画を公開するための美術館。お見事です。美術館に入るには入場料を支払う必要がありますが、それ以外は無料で楽しむことが出来ます。
川村記念1
おおよそ美術館らしくない外観です。

川村記念2
池には白鳥。
川村記念3
ガチョウも。

 今回の目的は五木田智央の作品です。五木田は元々ドローイングやイラストレーションで注目されたアーティストです。10数年前からシュールな人物画を描き注目を集めました。今回展示の作品はモノクローム。白黒、もしくは白青(プルシャンブルー)です。人物画、もしくはそう思われるもの、そして、抽象画。あと過去のドローイングなどもありました。驚いたのは全ての作品の写真撮影が可能だったこと。あと、非営利目的なら公開して良いとのことです。作家の考え方が大きいのでしょうが、時代が大きく変わった気がします。
五木田1
ニュー・サッド

五木田2
スラッシュ・アンド・スラスト

五木田3
とらわれたバニーガール

五木田4

五木田5

五木田6

 作品の印象ですがカッコイイです。抽象的なので上手いというより、鑑賞者にどう訴えるのかという感覚になるのでしょう。被写界深度の浅い写真のようです。絵画のいくつかの所では焦点は合っていますが、それ以外ではぼやけています。その感覚がとても受けます。

 さて、美術館では常設でいろんな有名画家の絵画も楽しめました。モネ、シャガール、ピカソ、藤田。私は絵を観て作者を当てるゲームで流しましたが、フランク・ステラの部屋では時間を費やしました。ステラはいつも可笑しみを含んでいるから好きです。立体作品もいくつかありました。因みに入口脇に在った巨大な作品はそこで作ったとか。創業者(?)のお気に入りのアーティストだったのですね。
ステラ
DIC川村記念美術館 ~2014.12.24
スポンサーサイト
  1. 2014/09/28(日) 10:49:49|
  2. アート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ロエロ・アルネイス(マッテオ・コレッジア) | ホーム | 自然堂(下野誠一郎)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/745-925dce40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/29 08:59)

佐倉市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/09/29(月) 08:59:45 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する