ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

鞍馬

 京都は鞍馬を訪問しました。私の周りに貴船神社に縁がある人が多かったのですが私はピンと来てませんでした。しかし、最近知り合った人が鞍馬に瞑想しに良く行くと言う話を聞いて、これだ!と合点。

 前日奈良から京都に移動して宿泊した宿を朝の5時半にチェックアウトし鞍馬へ出発しました。到着は7時前で誰もいませんでした。乗るつもりもありませんでしたがケーブルカーも運行前です。最初に惹かれたのは魔王の滝です。
鞍馬1
 それほど大きなスケール感はないのですが、鋭い凄い気です。勢いを感じます。

 滝の下に龍がいたので近づいてみると物凄い形相です。この場所はケーブルカーに乗ると見れません。
鞍馬2

由岐神社です。7時頃ですが、宮司さんが祝詞をあげていました。
鞍馬3


この辺りから気の強さが変わってきます。神聖な雰囲気です。
鞍馬4


本堂の金堂です。
鞍馬5
 こちらの厳かな雰囲気です。まわりが広々としており気持ち良いです。


さて、奥の院への門ですが、ここだけ雰囲気が異なります。
鞍馬6
 天狗様の気!? ここはどうしてもごあいさつせざるを得ない感じありました。ホント、こちらをじっと見ている感があったのです。失礼があると後が怖いですから。


さて、奥の院の前に惹かれた場所がありました。大杉権現です。
鞍馬7
 まあ、笑ってしまうくらい圧倒的です。辺り一帯立ち上る気。はい、もちろん瞑想させて頂きますと思ったのですが、そこに立っているだけでもう、有無を言わせない瞑想状態です。


今回の目的地である、奥の院の魔王殿。
鞍馬8
 密ではありますが割と静かな気です。ずっと上空に行く、繋がっているのを感じるような雰囲気です。さっそく瞑想をします。地面から足を伝わり、手の先から身体を通って気が頭に流れていくのを感じます。ゆっくりなのですが、大量です。暫くすると右の肩甲骨がぴくぴく反応してました。20分ほどして瞑想状態が深くなり、少し怖くなりじたばたしていると、別の登山者が来て我に帰りました。やはりいくらその場の雰囲気が良くともそれを全身で感じ一体となることは人の雑念があると出来ないようです。

貴船神社に向かう道すがらに見つけた木です。
鞍馬9
どういう状態なのか皆目見当がつきません。

貴船神社も一応訪問しました。これはご神木の桂です。
貴船1

こちらの庭もですが、私の好きな重森三玲作でした。
貴船2
船の形をしています。


スポンサーサイト
  1. 2015/03/23(月) 00:06:29|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル(2014年) | ホーム | 大神神社(三輪山)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/764-5db3a3a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する