ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ケラーライ・グリエス(バロン・カール・アイル ラグレイン)

ラグレインバロン
ラグレインは品種の名前です。私も年に1度出会うかどうかです。この品種、悪くはないですが、やはり作り手を選ぶ必要はあります。

【コメント】
 基本的にはベリー系の香りなのだが、チェリーのニュアンスもある。酸が綺麗でうっとりする。タンニンは穏やかである。このワインは複雑ではない。どことなくストレートさがあり、それがこのワインの良さとなっている。それは酸のクリーンさであろう。やや冷し気味の方がよいだろう。品種はラグレイン。価格は2700円。

【相性】
 酸が特徴のこの素直なワインには、同じような料理を合わせたくなる。トマト系のパスタ料理、ボロネーゼなら臭みなく仕上げたものはどうだろう。チーズと合わせてゆっくりでも良し。この日は牛のランプをミディアムにしたものを合わせた。焼きはレアよりミディアムの方が合うと思ったからです。

ワイン名:Baron Carl Eyrl Lagrein 2013 (バロン・カール・アイル)
生産州:SUDTIROL-ALTO ADIGE(アルト・アディジェ)
生産者名:Kellerei Grieser(ケラーライ・グリエス)
輸入業者:株式会社アルトリヴェッロ
スポンサーサイト
  1. 2015/10/18(日) 10:23:03|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フェッロチント(ティンパ・デル・プリンチペ) | ホーム | クリスチャン・ビネール(リースリング)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/785-7001f5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する