ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

白身魚と野菜のスパゲティ

白身魚のスパゲティ
 もう随分前の話なのですがアクアパッツァの日高シェフがイサキ料理を紹介していたときのことです。イサキを焼いて、身をほぐして、それをスパゲティの具にする料理があったのです。スパゲティと魚の組み合わせって聞かないですから衝撃的でした。スパゲティの具で魚介類と言えば貝、蟹、海老、イカ、ウニ、魚卵で魚本体は殆ど聞かないです。せいぜいアンチョビやオイルサーディンなどの小魚位です。でも、それはそうです。せっかく火を入れたのに、麺と絡むように細かくするのは勿体ない気がします。それに、味が淡白なので形を残さないと存在感が無くなってしまいます。それでもどうしても作ってみたかったのです。見た目は映えませんが味は良いと思います。少なくとも私は好みです。

【材料 (1人分)】
・イトヨリ 小さめ1/4尾(金目鯛やスズキなどでも良い)
・ニンニク1かけ
・カリフラワー適量
・インゲン適量
・ニンニク1かけ
・アンチョビ2枚

【作り方】
1.白身魚は予めポワレにして、飾り用以外は身を崩しておく。
2.カリフラワーは一口大、インゲンは3等分に切る。
3.ニンニク軽く潰してオリーブオイルで火を入れて一旦フライパンの外に出す。
4.スパゲティを茹でる。
5.フライパンにアンチョビを入れて茹で汁を入れてソースを作る。その後、ほぐした白身魚を入れる。
6.カリフラワーとインゲンの茹で時間は4分程度なのでパスタが茹であがるタイミングを逆算して入れる。
7.パスタが茹で上がったら野菜と一緒にフライパンに入れてソースと和える。
8.皿に盛って、飾り用の白身魚とニンニクを添える。

合わせる白ワインは割と確り目のが個性が強くないものが良いでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/23(月) 08:30:47|
  2. 食(レシピ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドルチェット・ダルバ(カッペラーノ) | ホーム | フェッロチント(ティンパ・デル・プリンチペ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/788-d0cd1a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する