ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ジローラモのカポ・ディ・ガッロ・プリミティーボ

ジローラモのカポ・ディ・ガッロ・プリミティーボ
【コメント】
ハーブの香りの上にスグリやブルーベリー。下層にはプラムやプルーン。ルビーグレープフルーツを思わせる酸とそのニュアンスを感じる。極細かいタンニンが大量にあり、ミディアムボディである。しかし、どこかしら軽やかさを感じるのはミントの香りを感じるから、それに酸の質が良いからだろう。上品さをたたえた見事なワイン。価格は2500円。品種はプリミティーボ種。

【相性】
タンニンが結構あるので牛肉、鴨、鶏のモツ等が良いだろう。この日はハンバーグステーキに合わせた。

ワイン名:Capo di Gallo Primitivo 2011(カポ ディ ガッロ プリミティーボ)
生産州:プーリア州
生産者名:Tenute Girolamo(テヌーテ・ジローラモ)
輸入業者:株式会社ワインウェイヴ
スポンサーサイト
  1. 2016/03/16(水) 22:06:46|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワルタリアのファランギーナ | ホーム | ロッカフィオーレのフィオルフィオーレ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/801-a7b5267f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する