ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ブルゴーニュで会いましょう

【あらすじ】
 ワイン生産者の一家に生まれた主人公は父親の干渉が嫌でパリに飛びだします。そして、ワイン評論家で成功を収めます。そんな息子の成功とは裏腹に父親のワイナリーは大量に在庫を抱え、畑を手放さざるを得ない状況に。主人公が実家に戻り事情を知ると自分がワイン作りを手伝うと言います。父親は承諾し、口は出さないので息子に好きなように作るよう言います。しかし、主人公の息子はブドウ作りに関しては素人。彼は一つの決断をします。今までの作り方を捨てる。そして、昔の作り方に戻す。

 面白そうだからと言うより、ブルゴーニュでのワイン作りの雰囲気を知りたかったと言うのが鑑賞理由です。あと、どうやったらワインが美味しく出来るのかの真髄が窺い知れるはずとの思惑も。
 ワインがテーマですので当然かもしれませんが、その辺りのことはかなりちゃんと作っていました。その逆に手抜きの箇所もいくつかありました。

 隣の畑の生産者がワインのテイスティングを求めて来たシーンでは、オレンジがかった色でしたので、25年以上経過していると思ったのですが、76年のワイン(ポマール村)でした。本物か、それに準ずるものを使っていたのだと思います。
 自分の父親にテイスティングを求めるシーンではガーネット色だったので、それほど古くは無いだろうと思ったのですが、66年のロマネ・コンティでした。66年は若いヴィンテージと言われていますが、あの色は無いのではないだろうか。ラベルは本物でしたが、新し過ぎでした。中身は若いヴィンテージでしょう。
 あと、雹が降るので畑にビニールシートを張っていましたが、あのような行為はAC法で禁止されています。映画とは言え間違って認識されるのはまずいなあと思いました。
 映画ですから恋愛も少し絡んでいます。私としては、お隣の生産者との確執がなんとも面白かったです。ブドウの栽培をしているのですから田舎です。お隣さんとは向き合わざるを得ないわけです。相性が悪いお隣だと大変だ。
兎に角、本物のブルゴーニュの風景が素晴らしいです。ブルゴーニュの生産者を訪ねるテレビ番組など本物を見る機会はありますが、やはり雰囲気が違います。映画は絵、空気感を伝えるのが主ですから。

さて、期待したワイン作りの真髄の件です。

トラクターではなく馬で引いて畑を耕すのは土が固まらないため。
ブドウの収穫タイミングは糖度の検査ではなく、実際に実を食べ、種を噛み砕いて判断する。
ブドウを収穫したら、とにかく優しく扱う。
熟成は温度管理ができるステンレスタンクでなくアンフォラ(ローマ時代のワイン保存用の壺で肉厚の陶器)で熟成させる。
ブドウを潰すのは人の足。
酸化防止剤は必要最低限だけ入れる。
出来上がったワインの評価コメントが「余計なものを足していないから美味い。」
この余計な物というのは必要以上の酸化防止剤のことではありません。セリフでは物と表現されていますが、それは形のないものです。ワインはブドウが8割、人が2割と言われています。つまり、人の手が2割を超えるのは良くないということ。ブドウがワインになるのを助ける程度が良いという意味です。だからコントロールしてはいけない。例えば、ステンレスタンクは人の手と言うことです。

一番印象に残ったセリフは「私は畑が求めるものを一生懸命聞き出して、それを与えてきた。しかし、畑はいつもそれ以上求めて来た。」でした。

上記のすべてが真髄を表しているわけではありません。映画だからのセリフもあります。農産物作りに関わっている人ならわかるはずです。映画製作者はワイナリー生産者にインタビューし、うまく引き出したのでしょう。

 原題は「Premiers Crus(一級畑)」です。フランスワインは畑に格付けがなされており、主人公の一家は村名、一級、特級と所有しているのですが、タイトルは一級畑となっています。理由は最後まで分かりませんでした。
ブルゴーニュの各村では一般に特級畑が一番面積が小さく、その次が一級、最も面積が広いのが村名です。しかし、舞台のアロース・コルトン村は特級畑が一番広く、その次が村名で、一番小さな面積なのが一級畑です。その辺りのことを何かに引っ掛けてのネーミングなのかも知れません。。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/23(水) 12:27:31|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カッシーナ・ガレットのランゲ・ファヴォリータ | ホーム | スカリオーラのビズビリィオ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/833-7eef56ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する