ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

柴田南雄 生誕100年

 日曜日の夜のN響アワーを観たのですが、柴田南雄の生誕100年のコンサートの模様を放映していました。実は初めて聞く名前でした。どうも、武満徹と同時代だったらしく、同じ年に没っしたとのことです。そのせいもあり、知名度が低いのでしょう。
 作曲家とは別に民謡、民族芸能の記録体系化という音楽学者の顔を持っていたようです。作風はロマン主義、前衛、日本の民謡、民族芸能に根差したものと変わったようです。日本では音楽界の知の巨人と言われており、「知識が広く、何を聞いても分からないことが無かった。」と柴田を知る人が語っていました。
 日本では自分の感覚を捉えて感覚的な音楽作品にしていく作曲家が割合としては多く、その代表的なのが武満徹とのことです。柴田南雄の場合は一つの世界観を作って、音楽を作り込んでいく感じです。即興を指定する局面もあるようです。学者肌と言う意味ではブーレーズを思い出しました。

コンサートの演目は以下の3曲でした。

・ディアフォニア
→奏者の即興もある。例えば第1バイオリン内で全員が即興を行う指定がある。

・追分節考
→追分節の旋律を素材として予め20前後(?)用意されている。合唱者はステージのほか、通路も歩きながら歌う。素材の選択とタイミングを指揮者は団扇に描いた文字で歌い手に指示つつ、曲を即興的に構成する。指揮者は予めプランを練ってはいけないらしい。

・交響曲 ゆく河の流れは絶えずして
→8楽章まであります。
1楽章:現代のスタイル
2楽章:バロック風
3楽章:ロマン派
4楽章:後期ロマン派
5楽章:現代音楽
6楽章:合唱(テキストは方丈記を使用)
7楽章:同上
8楽章:同上 最後に第1楽章の主題が回帰。

 聴くと西洋の色んな時代の作曲家の要素が聴き取れるのですが、それは作曲家のパッチワークにはなっていないです。実に素晴らしいものでした。

 ディアフォニア、追分節考も良かったです。不思議なのは初めて聴くのにしっくりくることです。時折、体がゾクゾクしました。理詰めで音を積み上げているのでしょう。池辺晋一郎が柴田南雄著の「西洋音楽史 印象派以後」を持って
「現代音楽の作曲法の話で、特にバルトークの分析は素晴らしい。美術の黄金分割を音楽に持ち込んで説明している。買った当時は目から鱗でした。これ新しく見えるけど、2冊目なんです。実は1冊目はボロボロになったので。」
一般の人より専門家に有名だったようです。それにしても、こんな凄い作曲家が無名なんてもったいない。

演奏:2016.11.07
放送:2017.02.12 NHK地デジ
スポンサーサイト
  1. 2017/02/13(月) 23:03:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドメーヌ・デュ・ムーラン・カミュのミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ | ホーム | 映画「メン・イン・ブラック3」を観て感じたこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/841-c222c861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する