ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

モクレンの不遇

ハクモクレン


モクレンは白、ピンク、紫ががった赤など色々あります。街中でよく目にするのは白のハクモクレンです。

 春最も早くに関心を集めるのは梅ですが、梅が咲いてしまうと、次の関心は桜に集中します。桜の開花にヤキモキしている頃にモクレンが咲き、桜が散る前にモクレンは散るがゆえに人々のモクレンに対する関心は低いのだと想像しています。もちろん国花である桜と中国原産の木蓮では役者が違いすぎます。それでも、もしモクレンのシーズンを変えることが出来るのであればと残念に思います。

 モクレンはその花の見事さも勿論であるがなんと言ってもその不思議な整然さに魅力があるように思う。他の樹木と較べると木の大きさに対する枝の本数が多く、他の枝とクロスするのを避けるように空間を均一に埋めます。枝はそれなりに四方八方に広がり、途中から真上に向く。下方に向いた枝も花が付く直前には上を向く。このせいで花は一様に天上に向かって咲くのである。自然とはどこか違う人工的な少し幾何学的な感じを拭えないこの光景は花の見事さと相まって奇妙とも言えます。暗くなってから見ると燭台に載せられたおびただしい数の蝋燭のようです。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/26(日) 17:29:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中村正義「100枚の顔」展 | ホーム | 眞平>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/86-d494408e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する