ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

ブルゴーニュ コート・ドゥ・ボーヌの10年目

ブルゴーニュ地方コート・ドゥ・ボーヌ地区の10年目特集のワイン会感想です。

ズッキーニのマリネ

'92 Brut Blanc de blancs Clos des Plants de Chenes/Jose Michel
→立ち上る香気、桃や熟した洋梨のような甘く上質で上品な香り。14年経過しているので泡が弱くなっているかと思ったがそれほどでもない。うっとりしてしまう、そしてなんとかぐわしきシャンパンなんだろう。間違いなく一人で一本飲めてしまう。

'95 Puligny Montrachet 1cru/Leroy
→刺激的ではない南国のフルーツの漂うような香り。ものの見事に熟成している。少しバターのニュアンス。これがルロワの真骨頂なんだろう。料理の構成から2本目になったが、最後にゆっくり楽しんでも良いワイン。
その通り最後に再び飲むと一段と開いていた。

【茄子とズッキーニのマリネ 生ハム巻きのアスパラガス】
 生ハムアスパラをシャンパンに、マリネのほうはピュリニィにあわせた料理。マリネ液はワインの邪魔をしないようにオリーブオイルに、ニンニクとオレガノのみ。最後に軽くペコリーノ・ロマーノをふりかけました。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


キノコのリゾット

'96 Corton Perrieres/Michel Juillot
→イチゴやイチジクの穏やかな香り。綺麗にというか凡庸に熟成したというべきか。もちろん特級にしてはと言うところです。コルトン特有のテロワールとは少し違うのはジュイヨの作りのせいだろうか。

【キノコ類のリゾット】
 キノコは乾燥ポルチーニ、シャンピニオン、シメジ、シイタケ。バターとグラノパダーノで仕上げました。少し芯を残した本当のアルデンテで。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

鴨マリネロティール

'96 Beaune Bressandes/Albert Morot
→イチゴやベリー、アカスグリの香り。少し皮革の香り。ほぼ溶けてはいるがタンニンもまだある。優美さを保持し熟成しているのはさすがモロー。

【雌鴨胸肉の赤ワインマリネのポワレ】
 鴨と言えばア・ポワン(ミディアム)にするのが基本であるが、この料理はあえてセニャン(レア)とア・ポアンの間にするというのが特徴です。柔らかさを出すために肉に切り込みを入れて赤ワインでマリネします。ソースはマリネ液と漬け込んだミルポワとブロード、バターだけ。肉汁と染み込んだワインの邪魔をしないように甘みは野菜からのみとしました。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

シェーヌ

カマンベール2

'96 Volnay Clos des chenes/Michel Lafarge
→チェリーや少しハーブ香、滑らかなタンニンがワインの滑らかさを際立たせている。ジューシーなワインでエレガントに熟成している。まさにフィネスのあるワイン。
【フロマージュ】上の写真と同じ位置で
青カビのフルムダンベール、ウォッシュのショーム、
白カビのカマンベール

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

【デセール】
トシ・ヨロイヅカのベルナールとジャン・ピエールとアマンド
鎧塚ベルナール


鎧塚ジャンピエール

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

music theme[romantic]
Cryin’ all night/It will be alright/Nothin’ you can do about it/She waits for me/After the love is gone
-[Airplay]

Feel so good/Theme from “Side street”/Last dance
-[Chuck Mangione]

Still falling for you/Hard times/A clue/We’re waiting/tomorrow never come
-[Boz Scaggs]

E Preciso Perdoar/Happenstance/Flamingo/For Heaven’s Sake
-[Grover Washigton Jr.]

We belong together/Living it up/Pirates/A lucky guy/The returns
-[Rickie Lee Jones]

Wailing wall/I saw the light/It wouldn’t have made any difference/Hellow It’s me/Sometimes I don’t know what to feel/Can we still be friends
-[Todd Rundgren]

Rachmaninov piano concerto No.4
-[Amsterdam Consertgebouw Orchestra/Bernard Haitink
pf.Vladimir Ashkenazy]
スポンサーサイト
  1. 2006/04/02(日) 13:23:22|
  2. ワイン会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤田嗣治展 | ホーム | 中村正義「100枚の顔」展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mwzelda.blog22.fc2.com/tb.php/88-bdb40ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する